トップ >  ニュース >  記事一覧

ニュース  記事一覧

英国No.1ファンドマネジャーがヘッジファンド創設か?

英国No.1ファンドマネジャーがヘッジファンド創設か?

2010年の運用開始以来およそ400%のリターンを残している、英国で一番人気のファンド「ファンドスミス」のマネジャーであるテリー・スミス氏が、新しくロングショート戦略のヘッジファンドを立ち上げるようだ。 買い(ロング)のみで運用してきた超有名ファンドマネジャーの動向が注目されている。

続きを読む >>

欧州大手グローバルマクロヘッジファンド、ブレバン・ハワードの復活劇

欧州大手グローバルマクロヘッジファンド、ブレバン・ハワードの復活劇

最終更新:2020年06月25日 17時30分

2020年に入ってから欧州大手グローバルマクロヘッジファンドのブレバン・ハワードの復活が目覚ましい。巧みな相場に対するポジション構築により、コロナショックを利用した一段と高い成績を生み出し、5月末時点で22.6%のリターンを記録している。2018年以降の成績で比較するとブレバン・ハワード・マスターファンドは年率19.3%と、年率7.6%であったS&P500のインデックスファンドを大きく上回っている。

続きを読む >>

リターン10%超!イェール大学の投資戦略

リターン10%超!イェール大学の投資戦略

最終更新:2020年06月18日 00時16分

先日発表されたQS世界大学ランキングで17位にランクインしたイェール大学だが、優れているのは教育機関としてだけではない。大学の資金を運用する機関投資家としても非常に優秀な成果をあげている。過去10年間の年平均リターンは11.1%であり、赤十字社や年金基金などをメインとする運用会社、ケンブリッジ・アソシエイツの調査でもランキング1位の運用成績を度々残している。機関投資家の中でもトップクラスの成績を残すイェール大学基金のリターンの秘密は、積極的にヘッジファンドに投資する運用戦略にある。

続きを読む >>

どうなる?コロナ後の銀行業界

どうなる?コロナ後の銀行業界

最終更新:2020年06月12日 14時00分

リーマンショックの原因を作り出した銀行業界だが、コロナショックでは企業の連鎖的な倒産を防ぐために重要な役割を果たしている。世界的な低金利環境で経営は難しく、銀行の株価は軒並み割安だ。三菱UFJフィナンシャルグループのPBRは0.4倍と過去最低レベルに落ち込んでいる。 コロナウイルスが落ち着いても経済活動はそれ以前の水準まで戻らないだろうという予測もされている。銀行業界は今後どうなっていくのだろうか。モルガン・スタンレーが先月末に発表した『Banking on the Next Cycle』をもとに見ていく。なお、主に欧米の銀行を対象に分析している。

続きを読む >>

レイ・ダリオが予測する世界

レイ・ダリオが予測する世界

最終更新:2020年06月05日 13時00分

世界最大のヘッジファンドであるブリッジウォーターの創設者、レイ・ダリオ氏がLinkedinで「過去500年に見られた大きなサイクル」と題して今後の世界秩序を予測した。 1600年頃からの歴史を振り返り、「帝国」と呼ばれる国の盛衰を振り返る内容で、米国の覇権は長く続かず、中国が著しく台頭してきていると述べている。

続きを読む >>

コロナショック下のヘッジファンド

コロナショック下のヘッジファンド

最終更新:2020年06月01日 17時58分

新型コロナウイルスは日本での感染者数も落ち着き始め、各国で経済活動再開の動きが見られるようになっている。日経平均など株式指数の高値まではまだ遠いため、評価損を抱えている方も多いのではないだろうか。世界的に大打撃を受けたコロナショックによって、3月までの第一四半期でヘッジファンドはどんな結果を残したか。ヘッジファンドのパフォーマンスと今後についてみていく。

続きを読む >>

コロナショックで稼いだヘッジファンド7選

コロナショックで稼いだヘッジファンド7選

最終更新:2020年05月25日 10時40分

今回は、3月末までのパフォーマンスを見て「大きく値上がりしたヘッジファンド」7選をみていく。以前戦略別のパフォーマンスを解説したが、実際にどんなヘッジファンドが値上がりしていたのか具体的に紹介する。暴落に備える運用をしたい方は必見だ。

続きを読む >>

ヘッジファンドとESG投資

ヘッジファンドとESG投資

最終更新:2020年05月22日 19時00分

「どんな相場でも絶対収益を追求するヘッジファンド」と「環境や社会に配慮し、持続可能な企業に投資するESG投資」は相反するように聞こえるが、実はそうではない。近年ESG投資を取り入れているヘッジファンドは増えており、世界最大級の運用会社であるブラックロックによると好調なパフォーマンスを残しているようだ。今回は、ヘッジファンドとESG投資について解説する。

続きを読む >>

ヘッジファンド業界の変化2020

ヘッジファンド業界の変化2020

最終更新:2020年05月21日 10時01分

2020年のヘッジファンド業界は苦戦を強いられており、1-3月の第一四半期で330億ドルの資金流出が起きた模様だ。リーマンショック以来の資産流出額となったが、「資産の1%ほどしか流出が起きなかった」ともいえる。バークレイヘッジ・インデックスによると、2008年のリーマンショック時には第四四半期で26%の資産が流出していた。コロナショックはまだ続いているため解約が増える可能性もあるが、きわめて少額だったといえる。  下落幅だけ比べたらリーマンショックの方が大きいが、解約率がここまで減少した理由はヘッジファンド業界の変化によるものだ。リーマンショックによる大規模な資産流出を受けて、ヘッジファンドがどう変化してきたか説明する。

続きを読む >>

2019年世界一の称号を受けたヘッジファンドとは

2019年世界一の称号を受けたヘッジファンドとは

最終更新:2020年02月03日 17時23分

2019年に320.1%のリターンを出して世界一の実績と、一躍有名になったヘッジファンドが存在する。それはシンガポールのバンダグローバルファンドである。バンダグローバルファンドは2016年7月にスタンダードチャータード出身のチョン・チンイアイ氏によって運用を開始された。

続きを読む >>

2019年のヘッジファンド業界の振り返りと2020年の展望

2019年のヘッジファンド業界の振り返りと2020年の展望

最終更新:2020年01月21日 19時00分

バークレイヘッジのヘッジファンドインデックスによると、2019年のヘッジファンドインデックスは10.77%プラスとなり、2018年-5.23%から回復した年となった。2017年の実績は10.37%であった。戦略別ではボラティリティインデックスと株式マーケットニュートラル戦略が1%未満のわずかなマイナスだった以外、すべての戦略が年ベースでプラスとなり、非常に良好な投資環境だったことがうかがえる。

続きを読む >>

有名ヘッジファンドマネージャーが1700億円を集めて復帰へ

有名ヘッジファンドマネージャーが1700億円を集めて復帰へ

最終更新:2019年12月16日 16時26分

かつてNevsky Capitalを運営していたMartin Taylorが1700億円を集めて、2019年10月に運用業界に復帰した。新しい運用会社はCrake Asset Managementといい、従来と同じく株式のロング・ショート戦略である。ただし以前は東欧の株式が中心だったが、世界株を対象としたファンドになる模様だ。

続きを読む >>

ヘッジファンド業界の成熟化と変化

ヘッジファンド業界の成熟化と変化

最終更新:2019年11月26日 16時13分

 最近ヘッジファンドの解約増加や老舗ヘッジファンドマネージャーの資金返還が相次いで報道されており、ヘッジファンドについて弱気なコメントが目立つようになった。その一方BarclayHedgeのデータではヘッジファンド全体としては運用残高は330兆円程と運用残高は増加傾向だ。 これはヘッジファンドの解約が、ヘッジファンドの運用により増えている範囲内で行われているためと考えられる。

続きを読む >>

世界最大のヘッジファンド創設者、危険な歴史の繰り返しを警告

世界最大のヘッジファンド創設者、危険な歴史の繰り返しを警告

最終更新:2019年10月04日 12時50分

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーターの創設者、レイ・ダリオ氏が「歴史的に現在は第二次世界大戦前の1930年代に似た危険な環境にある」という警告をエッセーで発した。

続きを読む >>

英老舗旅行会社破産でヘッジファンドが巨額リターン

英老舗旅行会社破産でヘッジファンドが巨額リターン

最終更新:2019年09月27日 11時34分

178年の歴史を持つイギリスの老舗旅行会社トーマス・クック・グループが23日に破産を申請、傘下の航空会社を含むすべての営業が停止し、その影響が広がっている。その裏で、ヘッジファンドが最大で約270億円もの利益をあげる可能性があるとのことでその行方にも注目が集まっている。

続きを読む >>

ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする


写真:Getty Images
Twitter公式ナビゲーター twinavi