トップ >  メイク・マネー >  記事一覧

メイク・マネー  記事一覧

孤高の存在を貫くアービトラージの大御所【ヘッジファンドマネジャー列伝23】

孤高の存在を貫くアービトラージの大御所【ヘッジファンドマネジャー列伝23】

アービトラージ(裁定取引)の大御所が、スターク・インベストメンツのブライアン・スタークとマイク・ロスだ。 アービトラージ(裁定取引)は、取引で生じる価格のゆがみを見つけて、複数の証券を同時に売買し、銘柄が適正価格に収れんしていく過程で収益をあげることだ。 市場というものは一定の効率性を持つと考えられているが、海外の市場などは時として大きな非効率性を持つことがあり、そこに着目し、利益を出す。 ブライアン・スタークはこのアービトラージの専門家で、転換社債アービトラージ、リスク・アービトラージ、第三者割当(プライベート・プレイスメント)に強みを持つ。

続きを読む >>

有罪判決で苦境の大御所、ダニエル・オク【ヘッジファンドマネジャー列伝22】

有罪判決で苦境の大御所、ダニエル・オク【ヘッジファンドマネジャー列伝22】

更新日:2016年10月13日

今年悪い意味で大いに取り上げられ、ここ最近は苦戦しているが、大御所のヘッジファンドマネジャーも紹介しよう。 ダニエル・オクのオクジフキャピタルマネジメントは、運用資産391億ドルの巨大ヘッジファンドだが、ここ最近よい評判を聞かない。

続きを読む >>

アップル、アマゾン、フェイスブック……世界を動かすロバートソンの弟子たち【ヘッジファンドマネジャー列伝⑳】

アップル、アマゾン、フェイスブック……世界を動かすロバートソンの弟子たち【ヘッジファンドマネジャー列伝⑳】

更新日:2016年10月12日

90年代に大きく規模を拡大したものの、時代の変化に対応しきれず解散した「タイガー・ファンド」。だが創業者のジュリアン・ロバートソンは多くの弟子を育てた。 2010年代、「子虎」と呼ばれるその弟子たちがヘッジファンドのトップの世界で活躍していることから、ロバートソンが再評価されている。

続きを読む >>

かつて2.2兆円を動かした伝説のヘッジファンドマネジャー、ジュリアン・ロバートソン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑲】

かつて2.2兆円を動かした伝説のヘッジファンドマネジャー、ジュリアン・ロバートソン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑲】

更新日:2016年10月12日

現在のヘッジファンド市場について話をするならば、触れないわけにはいかない存在がある。「伝説のヘッジファンドマネジャー」と呼ばれるジュリアン・ロバートソンと、彼の設立した「タイガー・ファンド」だ。 タイガーは1990年代のヘッジファンド市場を席巻、1998年には資産228億ドル(約2.2兆円)を有する、史上最大のヘッジファンドだった。

続きを読む >>

ソニーほか日本株に手を出した「モノ言う投資家」ダニエル・ローブ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑱】

ソニーほか日本株に手を出した「モノ言う投資家」ダニエル・ローブ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑱】

更新日:2016年10月11日

ヘッジファンドマネジャー列伝の16と17で登場したウィリアム・A・アックマン。彼は健康食品会社のハーバライフ社の株を巡って、同じく投資家のカール・アイカーンと放送禁止用語が飛び交うほどの激しい激論を交わした。 アックマンが空売りをしたことで下げの続いていた同社の株も、アイカーンが同社を擁護する側についたことでその後上昇した。 そのとき、買いのポジションにいたことで実は大儲けしたヘッジファンドマネジャーがいる。 運用資金170億ドルの、ダニエル・ローブだ。

続きを読む >>

敵も味方もたくさんの「モノ言う投資家」ウィリアム・A・アックマン②【ヘッジファンドマネジャー列伝⑰】

敵も味方もたくさんの「モノ言う投資家」ウィリアム・A・アックマン②【ヘッジファンドマネジャー列伝⑰】

更新日:2016年10月07日

アックマンは同級生のエンジニア、バーコウィッツと2人で投資ファンド「ゴッサム・パートナーズ」を立ち上げた。26歳だった。 「よい投資のアイディアがある、それを持っている自分に投資してくれ」と言うのは怖くなかったという。相変わらずの自信だ。少しずつ投資を募ってくれる人を増やし、300万ドルに達すると、部屋を借り事業を始めた。

続きを読む >>

敵も味方もたくさんの「モノ言う投資家」ウィリアム・A・アックマン①【ヘッジファンドマネジャー列伝⑯】

敵も味方もたくさんの「モノ言う投資家」ウィリアム・A・アックマン①【ヘッジファンドマネジャー列伝⑯】

更新日:2016年10月07日

百戦錬磨、歴戦の強者が揃っているヘッジファンドマネジャーの中で、ウィリアム・A・アックマンほど「成功」と「失敗」、「敵」と「味方」を明確に持ち合わせている人物は、50歳というヘッジファンドマネジャーの世界では若いとされる年齢を考えても、ほかにいないかもしれない。

続きを読む >>

松坂大輔に120億払った名物オーナー ジョン・ヘンリー【ヘッジファンドマネジャー列伝⑮】

松坂大輔に120億払った名物オーナー ジョン・ヘンリー【ヘッジファンドマネジャー列伝⑮】

更新日:2016年10月06日

スポーツチームの所有を、ビジネスとして行っているのが、ジョン・ヘンリーだ。 メジャーリーグのイチローが所属するマイアミ・マーリンズの前身、フロリダ・マーリンズをかつては所有。資産額は24億ドル。 その後はボストン・レッドソックスを購入した。2002年から経営にかかわり、2004年に同球団は86年ぶりのワールドシリーズ制覇を達成した。 松坂大輔(現ソフトバンクホークス)を、その後の年俸も含めて1億311万ドル(当時のレートで約120億円)で獲得したことなどは日本でも記憶している人は多いだろう。

続きを読む >>

破産企業に投資が低リスク? マーク・ラスリー【ヘッジファンドマネジャー列伝⑭】

破産企業に投資が低リスク? マーク・ラスリー【ヘッジファンドマネジャー列伝⑭】

更新日:2016年10月06日

アベニューキャピタルは120億ドルのヘッジファンドで、取り扱うのはディストレス(破産証券)だ。 破産に関連する証券を扱うとは、うまくいけば儲けは大きそうだが、どうしても失敗したときのリスクも高そうな印象がある。 しかしラスリーに言わせると、ディストレスのほうが普通の株式投資よりもリスクが低い。どういうことかは、彼の経歴を追っていくとわかりやすい。

続きを読む >>

ゴールドマンサックス24年勤務の“投資家”ファンドマネジャー、レオン・クーパーマン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑫】

ゴールドマンサックス24年勤務の“投資家”ファンドマネジャー、レオン・クーパーマン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑫】

更新日:2016年10月05日

ヘッジファンドマネジャーのほとんどは、自分の資産もヘッジファンドに入れて運用を行っている。そうすることで扱う金額を大きくすることができ、それにより受けられる様々なメリットがあるからだ。 そのようなヘッジファンドマネジャーの領域を超えて、あくまでも自分は1人の投資家であるというスタンスで運用しているのが、オメガ・アドバイザーズのレオン・クーパーマンだ。

続きを読む >>

見た目はロックスターのカリスマファンドマネジャー、ピエール・ラグランジュ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑪】

見た目はロックスターのカリスマファンドマネジャー、ピエール・ラグランジュ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑪】

更新日:2016年10月04日

創業200年の歴史にふさわしく、長期で手堅く利益を出していくヘッジファンド、マンAHL。この会社も、革新に挑んでいる。 会長のティム・ウォンはプログラムの強化等で対応が可能ということも言っているが、世界中の株や債券、商品市場などに投資するCTA(商品投資顧問)と呼ばれるAHLはその性質的に、市場の乱高下とはどうしても相性が悪い。2009年には2ケタのマイナスを記録し、その後も低迷が続いていた。 当時のマン・グループCEO、ピーター・クラークは新たな資産を探し始め、買収を打診したのが資産300億ドルのGLGパートナーズだ。

続きを読む >>

創業200年、マン・グループ会長は香港人のティム・ウォン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑩】

創業200年、マン・グループ会長は香港人のティム・ウォン【ヘッジファンドマネジャー列伝⑩】

更新日:2016年10月04日

世界で一番歴史のあるヘッジファンドは、1783年に創設している。 樽製造者のジェームズ・マンが砂糖の仲介業を始めたことで誕生したのが、最古参にして大手のヘッジファンド、マン・グループだ。 ジェームズ・マンが英国王室海軍にラム酒を提供する契約を得たことで事業を拡大し、総合商社へと発展していく。その過程で資産運用関係の事業を次々に拡大する。

続きを読む >>

15兆円、世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑦】

15兆円、世界最大のヘッジファンドを率いるレイ・ダリオ【ヘッジファンドマネジャー列伝⑦】

更新日:2016年09月30日

世界最大のヘッジファンドはどのくらいの金額を運用しているのか? 答えは1500億ドル(15兆円)以上だ。小さな国の国家予算を優に超えるだろう。これだけの金額を、1つの会社が扱っている。 レイ・ダリオが率いるヘッジファンド「ブリッジウォーター・アソシエイツ」は、危ない轍を踏まないバランスのよい運用スタイルで、およそ350のクライアントには公的機関や大学、公的年金基金、慈善財団、国の中央銀行や政府機関なども含まれる。

続きを読む >>

儲けを決める、ヘッジファンドの3つの戦略

儲けを決める、ヘッジファンドの3つの戦略

更新日:2016年07月27日

ヘッジファンドの購入方法もわかったところで、ではどのヘッジファンドを選ぶのがよいかを説明します。 ヘッジファンドはどんなときでも利益を追求するとお伝えしましたが、どのようにしていくつか種類や儲けを生み出すための戦略は異なります。ローリスクのものがあれば、ローリスク・ハイリターンなもの、ミドルリスクのものもあります。運用戦略により異なるのです。

続きを読む >>

ヘッジファンドとは何か?⑤

ヘッジファンドとは何か?⑤

更新日:2016年07月22日

ヘッジファンドとは何か? も第2部に入りました。ヘッジファンドの買い方について説明します。買い方は簡単に言うと以下の3つです。 ①証券会社を通じて、国内投資信託として組成された商品を買う ②プライベートバンクの投資一任を通じて、海外ヘッジファンドを買う ③中立的な専門家である投資助言会社を利用して、海外ヘッジファンドを直接買う

続きを読む >>

ヘッジファンドダイレクト社長 高岡壮一郎著「富裕層のNo.1投資戦略」
ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする