トップ >  メイク・マネー >  記事一覧

メイク・マネー  記事一覧

世界の大富豪1826人で史上最多、Mジョーダン氏も

世界の大富豪1826人で史上最多、Mジョーダン氏も

米誌フォーブスが発表した2015年の長者番付で、ビル・ゲイツ氏が792億ドルで昨年に続いて2年連続で1位となった。大富豪は前年比181人増の1826人と史上最多を前年に引き続き更新した。日本では、柳井正氏が1位で資産は202億ドルで、サイバーダイン創業者の山海嘉之氏が11億ドルで初の大富豪入り。また、NBAの伝説であるマイケル・ジョーダン氏が、10億ドルでプロスポーツ界で初の大富豪入りを果たした。

続きを読む >>

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

更新日:2015年02月17日

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)の調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上の顧客の脱税をほう助したとされ、それらの顧客の口座残高の総額は1190億ドル(約14兆円)に上る。中には日本国籍のパスポート保持者296人、596口座、4億2000万ドルもあったことが判明した。世界的にしかも多くの人数が関わり、脱税指南の書面まで発見されたが、実質的には「特段、新しい情報ではありません」と業界関係者は言う。

続きを読む >>

2014運用ランキング、1位は沖縄帰りのパイロット運用のインドファンド225%

2014運用ランキング、1位は沖縄帰りのパイロット運用のインドファンド225%

更新日:2015年02月09日

インド株のロングバイアス戦略を採用するファンド「Passage to India Opportunity Fund(Cayman)-A Shares」が225.21%のリターンをマークして1位となった。英ヘッジファンド等調査会社プレキンの集計による。

続きを読む >>

ヘッジファンド通算リターンランキング 40代アックマン氏が初ランクイン

ヘッジファンド通算リターンランキング 40代アックマン氏が初ランクイン

更新日:2015年01月28日

ヘッジファンド運用会社の運用開始から2014年末までの通算リターンのランキングが、投資調査会社LCHインベストメンツから発表された。顔ぶれの変動がまったくなく古株が幅を利かすヘッジファンド業界において、48歳のビル・アックマン氏率いるパーシング・スクエア・キャピタルが19位に初めてランクインした。2000年以降に運用スタートしたファンド運用会社で、現在トップ20入りはブレバン・ハワードに次いで2社目となる。

続きを読む >>

六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

六本木ヒルズもダメ? 「タワーマンション節税」の罠

更新日:2015年01月22日

相続税対策の富裕層や投資目的の外国人たちが買い進めているタワーマンション。昨今の東京の新築マンション相場をリードしてきた存在だが、相続税対策のために買い求める富裕層は注意が必要だ。かつては知る人ぞ知る節税方法だったこの方法も、実は過去には失敗例もあり、天国から地獄に突き落とされることもある。国税庁が見るポイント、さらには突っ込みが入りやすい物件の条件も見ておく。

続きを読む >>

中国共産党幹部がマネロンした京都・河原町の奥座敷

中国共産党幹部がマネロンした京都・河原町の奥座敷

更新日:2015年01月20日

中国共産党で胡錦濤前国家主席の側近だった幹部の令計劃氏が党から規律違反の疑いで調査されている件で、資産総額は370億元(7000億円以上)とされる資産のうち、京都市内に取得する不動産が老舗の割烹旅館「潤心庵」であることがわかった。すでに居住用に一部はなっており、名義も昨年、有名なペーパーカンパニー設立代理会社になっている。

続きを読む >>

日本の超富裕層資産の約200兆円が今後30年で相続移転

日本の超富裕層資産の約200兆円が今後30年で相続移転

更新日:2015年01月14日

総資産30億円以上の超富裕層の資産約16兆ドル(約1880兆円)が、相続などで今後30年間で次世代に資産移転するという推計が発表された。人類で類を見ないほどの巨額の資産移転になるという。また、日本人の超富裕層の総資産のうち1兆6450億ドル(約196兆円)が動くと推計されている。データはウエルスXとNLPの共同調査によるもの。

続きを読む >>

富裕層の「生活保護」太陽光発電はあと1年が勝負

富裕層の「生活保護」太陽光発電はあと1年が勝負

更新日:2014年12月25日

太陽光発電は投資どころか、「生活保護」と呼ぶ方が適切かもしれない。インターネット上には「利回り13%」など実に刺激的なキャッチコピーの宣伝文句が並んでいるが、それは太陽光発電のパネル設置業者の煽りだ。では、今後も本当に儲かるのかどうかだが、スタートするなら、あと1年だと言われている。

続きを読む >>

海外富裕層がスイスから離脱も? 「一括税」廃止の国民投票

海外富裕層がスイスから離脱も? 「一括税」廃止の国民投票

更新日:2014年11月29日

スイスで「一括税」という制度をめぐって、30日に国民投票が行われる。これは海外の富裕層がスイスに住むにあたっての税制優遇の制度である。つまり、海外の収入は課税されずに、スイス国内での生活費用をベースに算出される。統計では最大で5625人いると見られるが、投票の結果次第によっては、海外脱出により、貴重な税源を失う可能性すらある。

続きを読む >>

富裕層の含み益に課税「出国税」実施へ

富裕層の含み益に課税「出国税」実施へ

更新日:2014年11月14日

政府税制調査会はこのたびの会合で、富裕層が日本の非居住者となり、キャピタルゲイン非課税国で株式などを売却し、譲渡益への課税を免れるのを防ぐため、株式などの含み益について出国時に課税する「出国税」構想の施行を目指すことを話しあった。日本人でニュージーランドへの永住者数はここ十数年で3倍、シンガポール、香港、スイスにも2倍以上になり、国の危機感もうかがえる。早期の実施を目指すが、課税対象となる資産や金額はまだ明らかにされておらず、推移を見守りたいところ。

続きを読む >>

正味財産10億円「盛田正明テニス・ファンド」の運用益

正味財産10億円「盛田正明テニス・ファンド」の運用益

更新日:2014年11月11日

プロテニスの錦織圭選手がアジア人として初のATPツアーファイナルに出場するまでになったが、その活躍を大いに支えた「盛田正明テニス・ファンド」の名前がクローズアップされるようになった。ついに投資が結実したわけだが、資産総額10億円超のこの財団法人格は一体どのようなファンドなのか。

続きを読む >>

京都府の年収1000万円比率と世帯年収、1位精華町

京都府の年収1000万円比率と世帯年収、1位精華町

更新日:2014年10月28日

ゆかしメディアは総務省のデータを基に、京都府内の各市町村の平均年収と年収1000万円以上の世帯の比率を試算した。その結果、精華町が最も平均年収が多く604万円で、年収1000万円以上の世帯も18.56%と最も高かった。

続きを読む >>

「満月マン」が「脱税、霊感商法」騒動をすべて語る! 富裕層も知っておいた方がいい社会貢献の教訓

「満月マン」が「脱税、霊感商法」騒動をすべて語る! 富裕層も知っておいた方がいい社会貢献の教訓

更新日:2014年10月23日

正義のヒーローが「霊感商法」と「脱税」! 東京・日本橋を黙々と清掃する被りものヒーロー「満月マン」を巻き込んだ今回の騒動については、社会貢献をこれから考える富裕層にとっては大きな教訓を含んでもいる。騒動を振り返りながら、発起人でもあるアーティストのTOMORO氏が語った。

続きを読む >>

米国富裕層人口1400万人、東京都の人口超え

米国富裕層人口1400万人、東京都の人口超え

更新日:2014年10月16日

米国の富裕層人口が東京都の人口を超えたことが、クレディ・スイスが発表した「グローバル・ウエルス・レポート 2014」の調査結果によって明らかになった。2年続けて神戸市の人口にほぼ近い約160万人が前年から増えて1416万人となった。日本は前回の調査では円安で130万人減少したが、今回は9万人増の272万人となった。

続きを読む >>

山口組元大幹部に渡っていたリクルート株9億円分は紙くずに?

山口組元大幹部に渡っていたリクルート株9億円分は紙くずに?

更新日:2014年10月08日

今年最大級の上場案件となることが確実視されるリクルートホールディングスだが、創業者の財団法人江副育英会から流出した株券3万株が、山口組元大幹部に渡っていたことが明らかになった。2人の個人投資家間で起こった株券取引をめぐるトラブルが、上場を目前のタイミングにして表ざたとなり、世間を騒がせることになりそうだ。また、個人投資家にとっては、未公開株の取引リスクを今一度、再認識する機会になるだろう。

続きを読む >>

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社
世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする