トップ >  米ヘッジファンドのアンドール、預かり資金の全額を償還予定

米ヘッジファンドのアンドール、預かり資金の全額を償還予定

20日付のダウ・ジョーンズによると、ダニエル・ベントン(Daniel Benton)氏が率いる米ヘッジファンド運用会社アンドール・キャピタル・マネジメント(Andor Capital Management)(資産運用額約20億ドル)が10月に解散することが明らかになった。
これは、ベントン氏が20日付の顧客向けの書簡の中で明らかにしたもの。それによると、9月末までファンドの運用を続けるが、10月から運用を中止、預かり資産の全額を投資家に償還するとしている。ベントン氏は、書簡の中で、アンドールの閉鎖について、「これまで、24年間にわたって投資家の期待に応えなければならないとの思いでファンドを運用してきたが、これからは自分がやりたいこと、そして、家族と過ごす時間をもっと増やしたい」と述べている。ベントン氏は、これまでも数々の「決別」でメディアをにぎわしてきたことで知られる。2001年には業界最大手のヘッジファンドの一つにまで育て上げたピーコー・キャピタル・マネジメントと袂を分けてアンドールを創業。2004年にはアンドールの共同創業者クリス・ジェームズCIO(最高投資責任者)とも決別している。アンドールはハイテク銘柄の選定投資で定評がある株式ロング/ショート戦略のヘッジファンド、顧客の中には米国最大の年金基金カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)を有し、預かり資産も2004年には60億ドルを超えていた。アンドールはその後の厳しい投資環境を株式投資で好調なリターンを上げて乗り切ってきたが、昨年8月の金融市場の混乱や株価低迷の影響で、今年のリターンはマイナスとなっている。Dow Jones
20 Aug 2008 21:09 BST
Andor Hedge Fund Closing; Co-Founder Benton Retiring



米ヘッジファンドのアンドール、預かり資金の全額を償還予定に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする