トップ >  本塁打より安打の積み重ねを狙う―米ヘッジファンド・シンフォニーの投資戦略

本塁打より安打の積み重ねを狙う―米ヘッジファンド・シンフォニーの投資戦略

米経済誌バロンズは23日付の特集記事で、米ヘッジファンド運用会社シンフォニー・アセット・マネジメントは、ホームランよりヒット狙いの投資戦略で成功を収めている、と報じている。
シンフォニー(Symphony Asset Management)は、米大手資産運用会社ヌビーン・インベストメンツ(Nuveen Investments)の子会社で、ロングとショートのバランスが取れたポートフォリオ戦略を取るオーソックスな株式運用で知られる。

また、米投信情報提供会社モーニングスターも、シンフォニーはホームランのような大きなリターンを狙わず、ヒットを積み重ねて投資リスクを低減させ、パフォーマンスを安定化させるタイプだと指摘する。

それとは対照的に、ホームラン狙いで、原油などのコモディティの価格高騰と金融株の下落に賭けた他の多くのヘッジファンドは、7月以降の原油価格の急落や金融セクターの持ち直しで、その投資手法が裏目に出て軒並みリターンが悪化している。

米調査会社ヘッジファンド・リサーチによると、ヘッジファンド業界全体のパフォーマンスを見るインデックスは、7月の月間リターンがマイナス2.17%となり、7月末までの年間リターンもマイナス1.25%となっている。これは、S&P500のマイナス11.1%を上回っているものの、過去最悪となっている。

シンフォニーが運用を任されている資産100億ドル強のうち、約14%は市場やセクター別の相場変動リスクをヘッジするように運用を目指す株式ヘッジ戦略で、また、残りは株式ロング・オンリー戦略と債券運用型ファンドで運用されている。さらに、親会社からの委託では、「Nuveen Symphony Optimized Alpha Fund」(NOPRX)や「Nuveen Symphony Large-Cap Value Fund」(NSLIX)、「Nuveen Symphony International Equity Fund」(NSIEX)、「Nuveen Multi-Manager Large-Cap Value Fund」(NNGAX)を運用している。

一方、シンフォニーが直接運用する旗艦ファンドは株式運用型の「Bravura 99」と「Overture」。「Bravura 99」は、資産運用額2億3600万ドルで全世界の株式に投資、「Overture」の資産運用額は290万ドルで、株式アービトラージ戦略を取っている。

「Bravura 99」の3年間のトレンドは、年間リターンはプラス7.25%、5年間ではプラス7.82%と、安定したリターンとなっているが、モーニングスターのベンチマークの8.76%(3年間)と10.73%(5年間)を下回っている。

また、「Overture」の3年間と5年間のトレンドはそれぞれ、7.50%と5.81%で、いずれも、それらに対応するモーニングスターのベンチマークを下回っている。

しかし「Bravura 99」は、7月の月間リターンがマイナスとなったものの、7月までの年間リターンはプラス9.12%、「Overture」も7月はマイナスだったが、年間ではプラス11.06%となり、モーニングスターの「Bravura 99」に対応するベンチマークのマイナス5.98%、また「Overture」に対応するベンチマークのプラス5.78%を上回っている。

Dow Jones
23 Aug 2008 05:06 BST
Barron's(8/25) Profile: Few Homers, Lots of Hits



本塁打より安打の積み重ねを狙う―米ヘッジファンド・シンフォニーの投資戦略に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする