トップ >  米リーマン保有のヘッジファンド会社株、投資部門売却の悪材料―買収を検討中のPE会社

米リーマン保有のヘッジファンド会社株、投資部門売却の悪材料―買収を検討中のPE会社

プライベート・エクイティ会社は、リーマンの投資部門が保有するヘッジファンド株に警戒感を示している。
米リーマン・ブラザーズ投資部門の買収を検討しているプライベート・エクイティ会社は、投資部門の中心を担うニューバーガー・バーマン(Neuberger Berman)に対して好感を示しているが、投資部門が保有しているヘッジファンド株式を不安視している。英フィナンシャル・タイムズの報道を受け、22日付のダウ・ジョーンズが報じている。

リーマンは、D.E.ショー(D.E. Shaw)、GLGパートナーズ(GLG Partners)、オスプライ(Ospraie)といったヘッジファンド運用会社の少数株を保有しているが、取得後に価格が下落している。フィナンシャル・タイムズによれば、リーマンはGLG株で約1億ドルの評価損を計上しており、他のヘッジファンド銘柄でも同様に損失が発生することが推測されるという。

なお、同記事中では、買収を検討しているプライベート・エクイティ会社の名称などは明らかされていない。

Dow Jones
22 Aug 2008 20:27 BST
Private Equity Cos Wary Of Lehman's Hedge Fund Stakes-FT



米リーマン保有のヘッジファンド会社株、投資部門売却の悪材料―買収を検討中のPE会社に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする