トップ >  破綻した英ヘッジファンドの格付け巡り、中東の銀行がモルガンSや格付機関を提訴

破綻した英ヘッジファンドの格付け巡り、中東の銀行がモルガンSや格付機関を提訴

26日付のダウ・ジョーンズによると、昨年、経営破たんした英SIVポートフォリオ(SIV Portfolio plc)の債券発行に絡んだ情報開示をめぐり、中東の銀行が米連邦裁判所にモルガン・スタンレーや大手格付け会社などを提訴したことが明らかになった。
訴訟を起こしたのは、中東のアブダビ商業銀行(Abu Dhabi Commercial Bank)。訴状によると、SIVポートフォリオ(資産運用額58億6,000万ドル)は保有資産を参照債務として、メザニン債(リスク度合いが中間の債券)を発行、モルガン・スタンレーを通じて販売したが、モルガンは当時、同資産のリスクがかなり高まっていたにもかかわらず、情報開示を怠ったとしている。また、この裁判では、ニューヨーク・メロン銀行も訴えられている。訴状によると、同行はSIVポートフォリオの担保資産の値洗い(資産の時価評価)を毎日行っており、こうした情報を知りうる立場にあったとしている。また、ニューヨーク・メロン銀行は、実際、この情報を米信用格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)に報告していたことから、アブダビ商業銀行は格付け大手2社も同時に提訴している。アブダビ商業銀行は、この提訴をきっかけに、SIVポートフォリオとその子会社のチェーン・ファイナンス・キャピタル・ノーツ(Cheyne Finance Capital Notes LLC)から、2004年10月から2007年10月にかけて、メザニン債を購入した投資家を集め、集団訴訟に発展させたい考えだ。SIVポートフォリオ(SIV Portfolio plc)は、英ヘッジファンドのチェーン・キャピタル・マネジメント(Cheyne Capital Management)が運用していたSIV(仕組債投資ファンド)の一つで、チェーン運用時は「Cheyne Finance」と呼ばれていた。しかし、Cheyne Financeが昨年9月に破たんしたあと、チェーン・キャピタルが運用に関与しなくなったため、同11月に現在の名称に変更されている。Dow Jones
26 Aug 2008 00:26 BST
Banks, Rating Agencies Sued Over Cheyne Collapse



破綻した英ヘッジファンドの格付け巡り、中東の銀行がモルガンSや格付機関を提訴に関連する記事

2008年08月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする