トップ >  投資家はアクティブ運用からパッシブ運用へ

投資家はアクティブ運用からパッシブ運用へ

様々なETFの誕生やインデックスに連動する投資戦略がアクティブ運用を行っているマネージャーに危機的状況を引き起こしている。業界関係者のレポートによると、年金基金や機関投資家は以前と比べて、アクティブマネージャーと特定ベンチマークのパフォーマンスを比較する機会が増加しているとのことだった。
株式市場や投資顧問会社のリサーチを行っているタブ・グループは、 アクティブ運用を行うファンドマネージャーは、ETFのようなパッシブ運用される商品と比較して、潜在的に年間120億ドルの手数料を失っていると発表した。現在米国においてパッシブ運用されている商品への投資額は約1兆ドルに達し、1993年から2610%上昇した。タブの上級アナリスト、アダム・サスマン氏は「ファンド運用業界の抜本的な進化によって、ファンドの手数料がアクティブ・マネージャーからパッシブ・マネージャーにシフトするスピードは加速するだろう」と述べた。また、「以前はアクティブ・マネージャーが新しい投資手法を用いて成功すると、多くの投資家から資金調達ができた。しかし現在では、すぐに同業者による投資手法の模倣が始まり、関連あるベンチマークやインデックの上昇を先導し、これらのインデックスと同等のリターンを提供するETFのような商品が次々と誕生する」と指摘した。ここ数週間で、60の石炭関連会社のパフォーマンスに連動するETFやゲーム業界の69社を対象としたETFが誕生した。こうした動きはアクティブ・マネージャーにより複雑な投資戦略の創出と実行を強いることになる。



投資家はアクティブ運用からパッシブ運用へに関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする