トップ >  相場悪化で欧州のヘッジファンド10本近くが償還停止へ

相場悪化で欧州のヘッジファンド10本近くが償還停止へ

金融市場が混乱から暴落へと悪化する中で、欧州の多くのヘッジファンドが償還停止などに緊急措置に踏み切っていると、27日付の英タイムズ(オンライン版)が報じている。
同紙によると、欧州のヘッジファンド10本近くで、大幅な損失が発生し、投資家からの資金引き出し請求が相次いだことから償還停止に陥っているという。また、ロンドンに籍を置くヘッジファンドの3分の2が、先週の大幅な株価急落を受ける前に、すでに4%から10%近くの損失を抱えていたと、あるプライム・ブローカーはコメントしている。

同紙は、大きな損失を抱えているとされるファンドとして、以下のファンド名をあげている。
・Corin
・Phylon
・Addax FX1
・Henderson Global Currency
・Odey Treasury
・Sector ERV
・Kinetic Special Situations
・Systeia Alternative Risk Trading and Polar Technology

ヘッジファンドの損失拡大に拍車をかける要因として、プライムブローカーの融資引き締めが指摘されている。ヘッジファンドは通常、プライムブローカーからの融資を使って、実際の手持ち資金よりも大きなポジションを市場で形成している。それによりリターンも拡大するが、損失も飛躍的に拡大する。損失を一時的に食い止めるためにも、つなぎの資金が必要だが、プライムブローカーが融資をとめれば、ファンドのポジションは解消されて清算を余儀なくされる。

あるファンド・マネージャーは、同紙の取材に対し「今回は銀行が簡単に貸してくれない。ヘッジファンドは清算を強いられるが、それはより大きな問題を引き起こすことになる」とコメントしている。



相場悪化で欧州のヘッジファンド10本近くが償還停止へに関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする