トップ >  年金基金、2008年はリスクヘッジを重要視

年金基金、2008年はリスクヘッジを重要視

最近の厳しい市場環境を背景に、年金基金は今後より多くのリスクヘッジを行うようになるとファンド・マネージャー達は語った。
人事コンサルティング会社のヒューイット・アソシエイツが100人の年金基金マネージャーに行った調査によると、65%のファンド・マネージャーが運用資産のフルヘッジを模索している。同社の関係者は「年金基金にとっては、リスクとリターンのバランスを取ることが今年の鍵になる。」と述べ、「運用資産を様々なセクターや投資戦略に分散投資することで、リスク・リターンのバランスがとれたポートフォリオを構築することが可能になるだろう」と語った。回答者の95%が「今年は年金基金が絶対的リターンを追求する投資戦略への投資比率を高めていくだろう」と指摘した。米国のカルパースは、昨年新たに5本のヘッジファンドへ投資を開始。今後もヘッジファンドへの投資額を徐々に拡大していくと見込まれている。



年金基金、2008年はリスクヘッジを重要視に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする