トップ >  ヘッジファンド、1月のパフォーマンス過去最低水準

ヘッジファンド、1月のパフォーマンス過去最低水準

28日付けのフィナンシャル・タイムズによればヘッジファンド業界の今年1月のリターンは、1998年のロシア危機以来の最低水準を推移しており、現在までのところ平均で3%以上の損失を出している。
投資家の話では、大部分のファンドが年明に株価が上昇すると見込みポジションを取っていたが、世界的な株価急落により最悪のスタート切ったとのこと。市場全体の下げ幅はマイナス3%をはるかに超える値だが、ヘッジファンドとは本来市場の動きに関係なく絶対的なリターンを追及しなくてはならない。このため、3%以上のマイナスリターンを 記録したことは多くの投資家を失望さている。一方、ロンドンに拠点を置くブルー・クレストの運用するブルー・トレンド・ファンドやヘッジファンド大手のマン・グループのAHLは、現在までのところ高いパフォーマンスを上げている。両ファンドともコンピュータープログラムを駆使して運用が行われている。調査会社ヘッジファンド・リサーチ社のグローバル・インデックスによる最新(先週木曜日時点)のヘッジファンド・パフォーマンスは、現在までのところマイナス3%となっている。もし、現在の状況が月末まで改善されず継続すれば、1998年8月以来の最悪な結果になる見込み。



ヘッジファンド、1月のパフォーマンス過去最低水準に関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする