トップ >  リターンに苦しむウォール・ストリートのヘッジファンド

リターンに苦しむウォール・ストリートのヘッジファンド

2007年、多くの著名なヘッジファンドは成功を収めたが、ウォール・ストリートにある一部の大手ヘッジファンドには厳しい結果となった。
2007年クレディスイス・トレモント・ヘッジファンド・インデックスのリターンは12.5%と、S&P500のリターン5.5%を大きく上回った。 調査会社リッパーの調べによれば、昨年は厳しい市場環境であったが、ヘッジファンド業界の平均リターンは2000年以降で3番目に高い結果だった。アティカス・キャピタル、サーベラス・キャピタル・マネジメント、イートン・パーク・キャピタル・マネジメント、サード・ポイント・マネジメント・カンパニーなどによって運用されている数十億ドル規模のファンドは、業界平均を上回る高いリターンを上げ、業界のリターン水準を高める要因になったとダウ・ジョーンズ・ニュース・ワイヤーは報じた。一方、ゴールドマン・サックスやベアー・スターンズなど大手の投資銀行によって運用されているファンドのリターンはすぐれなかった。ヘッジファンド業界事情に詳しい関係者によると、巨大な投資銀行などによって運用されていたファンドの幾つかは、重層的なリスク構造、コンプライアンス・コントロール、補償制限など構造的な要因にってパフォーマンスが低下したと述べ、高いパフォーマンスを記録したブティック型のヘッジファンドに対しては、構造的要因から生じる制限が比較的緩やかであったことから動きの激しかった市場環境に柔軟に対応できたと指摘した。



リターンに苦しむウォール・ストリートのヘッジファンドに関連する記事

2008年01月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする