トップ >  中東・北アフリカ地域の投資機会にヘッジファンドも注目

中東・北アフリカ地域の投資機会にヘッジファンドも注目

過去数年の新興国への投資機会を考えると、中東や北アフリカ地域(MENA)は、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)などと比較して目立たない存在であったが、最近では魅力的な株価、驚異的なパフォーマンスに加えて主要なマーケットとの相関関係が低いことから人気を博している。
ラスマラ・インベストメンツは2006年、MENA諸国の株を投資対象としたヘッジファンド「ラスマMENA・エクイティ・オポチュニティ・ファンド」をローンチした。同社はカイロからリヤドにかけてマネージャーを配置し運用を行っている。近年MENA地域の市場評価額は、中国やインドなど新興国地域と比較して魅力的な価格となっている。さらに、市場のボラティリティは過去12ヶ月で著しく低下し他の新興国地域とは逆の動きを見せているため、米・欧州投資家やヘッジファンドからの注目を集めている。



中東・北アフリカ地域の投資機会にヘッジファンドも注目に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする