トップ >  ロシアのヘッジファンド、存在感を拡大

ロシアのヘッジファンド、存在感を拡大

ロシア国内の好調な経済と、金融市場における流動性の高まりがロシアのヘッジファンドやプロの投資家の投資意欲を刺激している。
ファロス・ファイナンシャル・グループは現在、ファロス・ロシア・ファンド、ファロス・スモール・キャップ・ファンド、ファロス・ガス・インベストメント・ファンドと3つのヘッジファンドを運用している。同グループは、モスクワを拠点として1997年よりヘッジファンドの運用をしているロシア最古の運用会社である。ファロスのヘッジファンドが用いる戦略は、ロングバイアスの株式ロング/ショート戦略で、低ボラティリティーで高リターンを特徴するトラック・レコードを使用しストレステストにかけられている。ファロス・ロシア・ファンド:1997年から運用が開始されロシアの複数のセクターに投資をしている。同ファンドは、過去12ヶ月のリターンは20%を超えている。ファロス・ガス・インベストメント・ファンド:ロシア、アジア、ヨーロッパの天然ガス関連企業に投資をしている唯一のファンドで、上場銘柄に投資をし、毎月資金の償還を認めている。過去12ヶ月のリターンは21%。ファロス・スモール・キャップ・ファンド:国内の過小評価されている企業の株式に投資行う。同ファンドの過去12ヶ月のリターンは14%。



ロシアのヘッジファンド、存在感を拡大に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする