トップ >  ヘッジファンドのSRM、バンカメのカントリーワイド買収に反対表明

ヘッジファンドのSRM、バンカメのカントリーワイド買収に反対表明

先月、経営難にある米住宅ローン最大手のカントリーワイドを、米銀行大手のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が買収することで両社は合意したが、カントリーワイドの大株主であるヘッジファンドが買収反対を表明している。
英国のトレーダー、ジョン・ウッド氏が率いるSRMは、バンカメがカントリーワイドの株価を過小評価しているとして買収案に反対しており、他の株主にも反対するよう促している。またSRMは31日、米SECにカントリーワイドの株式を5.19%取得したと報告したが、さらにSECに対して、先月の買収合意前の株価の値動きを調査するよう求めている。

SRMは、SECに報告した5.19%以外に、CFD(Contracts For Difference)によるデリバティブでもカントリーワイドの持分があり、実質的には10%近くの株主持分を保有している可能性があるという。また、その他の大口株主であるレッグメイソンやキャピタル・リサーチ、フィデリティなどにも働きかけ、バンカメの買収案に反対するよう求めている。SRMを含む主要株主の持分は、37%近くに達するとみられる。

SRMは、英国の住宅ローン最大手ノーザンロックでも、やはり同じように、政府の出した買収案に反対するよう株主に働きかけている。



ヘッジファンドのSRM、バンカメのカントリーワイド買収に反対表明に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする