トップ >  イスラム法準拠のヘッジファンド、2008年後半より高成長―ドイツ銀行の見通し

イスラム法準拠のヘッジファンド、2008年後半より高成長―ドイツ銀行の見通し

イスラム金融の基準に沿ったヘッジファンドの需要が、2008年の後半にかけて高まり始め、2009年には大きな潮流になる―4日付のロイターは、ドイツ銀行の中東地域の首脳の見通しとして、中東マネーとヘッジファンドの動向を報じている。
ドイツ銀行の中東地域を担当する幹部首脳は、ロイターの取材に対し「イスラム法に沿ったヘッジファンドの需要は高まっている。特に超富裕層から引き合いは多い。彼らはすでにヘッジファンドの実績を知っているが、イスラム法の準拠をより優先する」と述べている。

また、ドイツ銀行を含む国際的な大手金融機関は、イスラム法準拠のヘッジファンドを取り扱う準備を進めており、2008年後半から2009年にかけて、一気に広がりを見せる可能性がある。イスラム金融へのヘッジファンドの売込みでは、小規模資本の新規企業よりも大手金融機関のほうが先んじているという。

米国に拠点を置くバークレイズ・キャピタルも、今年9月にはイスラム法準拠のヘッジファンドをローンチする予定があるという。同社はファンドの設立で、イスラム金融専門のアドバイザリー会社、シャリーア・キャピタルと提携している。

イスラム法では、ヘッジファンドが得意とするショートが禁じられている。そのため、イスラム法に沿った契約方式を使って合成したショート・ポジションの利用して、ショートと同様の効果を得るといった回避法が用いられる可能性があるという。



イスラム法準拠のヘッジファンド、2008年後半より高成長―ドイツ銀行の見通しに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする