トップ >  2007年新興ヘッジファンド、資金調達困難に

2007年新興ヘッジファンド、資金調達困難に

4日に公表されたデータによれば、2006年と比べ昨年は、著名運用会社が新たにローンチしたヘッジファンドによる資金調達額がわずかに増加しただけだった。住宅市場の下落を見込み投資をした一握りのファンドが大きな利益をあげたことが大きな要因と考えられている。
Absolute Return誌の算出したデータによれば、2007年に運用が開始された最大規模のヘッジファンド81本の運用資産残高の合計は315億ドルと2006年の86ファンド、310億ドルからわずかながら上昇した。2兆ドルを集めるヘッジファンド業界には数千ものファンドが集まっているが、最も優秀なファンドだけが生き残り、新たな資産を獲得することができることをこの数字は示唆しているとアナリストは分析している。昨年際立ったパフォーマンスを見せたファンドマネージャーはジョン・ポールソン氏だ。同氏は14年前に初めてヘッジファンドを設立し、住宅市場が崩壊するタイミングを正確に的中させ2007年に大成功を収めたことはあまり知られていない。
ポールソンズ・クレジット・オポチュニティー
同じく、ルネサンス・テクノロジーズのルネサンス・インスティチューショナル・フューチャーズ・ファンドは、昨年10月に13億2,000万ドルでスタートし、12月末までに運用資産額を134.5%増の31億ドルへと急増させた。
しかしながら、上述ファンドや僅かな成功を残した新興ファンドは別として、年金基金のような潜在的投資家からは、適切なトラックレコードがない新興ファンドよりも定評のあるファンドを選ぶ傾向がうかがえるため、今の段階で新たなヘッジファンドを設立することはますます困難になってきていることを同誌の年間データは示している。
2007年、運用資産額1億ドル未満の小規模ファンドで年を終えることができたのは、26本のファンドだけだった。2006年には30のファンドが同程度の資産で1年を終えた。
昨年の上半期は、51本のヘッジファンドがローンチされ92億ドルの資金を調達した。一方、下半期は、債券市場の不調から投資家の投資意欲が冷え込み、30本のファンドがローンチされ75億ドルの資金を集めるに留まった。この数字から、昨年の上半期の方が資金調達が容易だったことが伺える。



2007年新興ヘッジファンド、資金調達困難にに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする