トップ >  日本のヘッジファンド、成績不振で運用資産額が激減

日本のヘッジファンド、成績不振で運用資産額が激減

昨年、日本の資産に投資を行うヘッジファンドの運用資産額は、前年と比較して77億ドル減少し、240億ドルに縮小した。
2年連続でヘッジファンドの成績が思わしくなかったため、海外の投資家が資金を引き上げたことが理由として考えられる。一方、日本を除くアジアへ投資するヘッジファンドには224億ドルの資金流入があり、運用資産総額は1010億ドルとなった。「日本のファンドマネージャーは、償還の影響でパフォーマンスがあまり良い結果ではなかったと認めている」とHSBCグローバル・ファンド・サービスの橋口 英毅(はしぐち・ひでき)氏が述べた。投資家の中には、東京市場が世界の市場と異なり、昨年約13%下落したことが原因と考える人もいるが、効果的なショート戦略を知らない日本のファンドマネージャーを責める投資家もいる。米ヘッジファンド、ホイットニー&カンパニーのジャパン・セレクト・インベスター・ファンドの07年のリターンはマイナス7.5%だった。その他の株式ロング/ショート戦略のヘッジファンドもマイナスのリターンを記録した。中でもロンドンに拠点のあるストラットン・ストリート・キャピタルのデジマ・ファンドは、マイナス42%のリターンだった。ゴールドマン・サックスは、日本の株に投資を行うファンド・オブ・ファンズの1つGSストラテジック・ジャパン・パートナーズを昨年12月に償還した。ファンドの成績不振による解約が相次いだことが償還の原因だとされている。



日本のヘッジファンド、成績不振で運用資産額が激減に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする