トップ >  12月の投資家信頼感指数は過去最低水準に―米ステート・ストリート発表

12月の投資家信頼感指数は過去最低水準に―米ステート・ストリート発表

米大手金融サービス会社のステート・ストリートは18日、12月の世界の投資家信頼感指数を発表した。12月の指数は65.9ポイントで、11月の75.8ポイントから10ポイント近い低下となった。地域別では、欧州が11月に83.9ポイントだったのが85.0ポイントに上昇した一方で、北米は11月に75.4だったのが12月に65.3ポイントと、10ポイント以上の低下で過去最低を記録した。
投資家信頼感指数は、機関投資家の実際の売買パターンを分析し、ポートフォリオに株式を組み込む意欲の変化をリスクに対する投資家センチメントととらえて指数化する。機関投資家がポートフォリオに組み込む株式の割合が高いほど、リスク選好度もしくは信頼感が高いことを示す。
指数の共同開発者であるハーバード大学のケン・フルート教授は「8月と11月の信用危機によって投資家のリスク選好度は大きな影響を受けている。機関投資家の間でファンダメンタルズに対する懐疑的な見方が広がっている」と述べている。
また、指数開発のディレクターを努めるステート・ストリート・アソシエイツのポール・オコネル氏は、「欧州とアジア市場の機関投資家は12月もリスク選好度を維持している。一方、北米市場の悲観的なデータは、この数ヶ月にわたる米国の消費者信頼感の低迷をほぼ正確に写している。2つの指数が連動性を示したのは2003年以来のことだ」と指摘している。



12月の投資家信頼感指数は過去最低水準に―米ステート・ストリート発表に関連する記事

2007年12月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする