トップ >  債券市場の混乱で、増加が予想されるヘッジファンドの閉鎖

債券市場の混乱で、増加が予想されるヘッジファンドの閉鎖

信用収縮やリセッションへの懸念が高まり、債券市場の混乱は長期化しつつある。その影響で投資銀行が多額の損失を抱え、ヘッジファンドへの貸し出しも大幅に減らしている。そのため、ヘッジファンドの中には、閉鎖やチームを解散する動きが見られ始めたと、フィナンシャル・タイムズが報じている。
ヘッジファンド調査会社の調べでは、1月のヘッジファンド全体のパフォーマンスはマイナス1.8%だったが、ファンド・オブ・ファンズ(FoHFs)のマネージャー達は、業界全体はもっと悪いと見ている。彼らによれば、多くのヘッジファンドが1月に8%近い損失を出しているという。フィナンシャル・タイムズの取材に応じたあるFoHFsマネージャーは、「今年のうちに、ヘッジファンドの大量廃業が発生してもおかしくない」と主張している。

ヘッジファンドの閉鎖に関する報道も徐々に増えつつある。直近では、米ミネソタ州のディープヘイブン・キャピタルが運用額7.8億ドルの「イベント・ファンド」を閉鎖した。また英運用会社のティスベリー・キャピタルが、ボストンの米国拠点から撤退している。

運用に苦しむヘッジファンドの中では、合併買収アービトラージやクレジット・アービトラージ、レラティブ・バリューなどの戦略をとるファンドが厳しいといわれるが、いずれも銀行からの大量の借り入れを必要とする。特にクレジット・アービトラージとレラティブ・バリューは、従来であれば自己資金の4倍以上の借り入れを行い、レバレッジをきかせていたが、今は2倍程度借りるのが限界になっているという。



債券市場の混乱で、増加が予想されるヘッジファンドの閉鎖に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする