トップ >  ヘッジファンド、1月のパフォーマンスはマイナスに(Part1)

ヘッジファンド、1月のパフォーマンスはマイナスに(Part1)

米ヘッジファンド投資顧問会社であるヘネシー・グループによると、同社のヘネシー・ヘッジファンド・インデックスは、1月にマイナス2.45%を記録した。また、シカゴに拠点を置くヘッジファンドリサーチ社のHFRIウェイテッド・コンポジット・インデックスも1.8%のマイナスとなった。
いまのところ多数のヘッジファンドが、1月のパフォーマンスを報告していないため、2つの結果は、暫定的なものである。ヘネシー・グループの共同経営者であるリーヘネシー氏は、「多くのヘッジファンドにとって、1月は厳しい年明けとなった。ヘネシー・ヘッジ・ファンド・インデックスは、1998年ロシア危機、2000年4月ITバブル崩壊、2002年ワールド・コム破綻に続き、史上4番目に低い結果だった」と語った。しかし、S&P500が6.12%、ダウ平均が4.63%、ナスダックが9.89%下げる中、ヘッジファンドの下落幅は、はるかに小さいものだった、と同氏は指摘した。ヘッジファンド・リサーチによれば、6.70%プラスのリターンであったショート・バイアス・インデックスを除いても、HFRIマクロ・システマティック・ディバーシファイド・インデックスの2.64%プラスを筆頭に、他の6戦略やセクター・インデックスがプラスのリターンだった。一方、大幅な下落を記録したものは、エクイティ・ヘッジ・インデックスの4.14%、エネルギー/ベーシックス・ミネラルズの4.19%、テクノロジー/ヘルスケアの4.93%、クオンタティブ・ディレクショナルの5.75%。ヘッジファンド・リサーチにの地域別新興市場インデックスは更に悪かったものもあり、アジア(除く日本)で7.60%、ロシア/東ヨーロッパで71.6%の下落、HFRI新興市場総合インデックスは、5.97%のマイナスだった。(Part2に続く)



ヘッジファンド、1月のパフォーマンスはマイナスに(Part1)に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする