トップ >  ゴールドマン、日本人創業の英ヘッジファンドに資本参加

ゴールドマン、日本人創業の英ヘッジファンドに資本参加

米金融大手のゴールドマン・サックスは、英ヘッジファンド運用会社のキャピュラ・インベストメントに資本参加したことが明らかになった。出資比率は20%近くで、投資額は9000万ドルと見られる。
キャピュラは、元UFJ銀行の債券ディーラーだった浅井將雄氏などが創業したヘッジファンド運用会社で、ロンドンに拠点を置く。預かり資産は30億ドルで、債券・通貨・金利デリバティブなどでレラティブ・バリュー戦略による運用を行っている。キャピュラの運用成績については評価が高く、ヘッジファンドの業界誌の主宰する「ファンド・オブ・ザ・イヤー」でも、ノミネートされた実績を持つ。

キャピュラの旗艦ファンド「Global Relative Value」は2005年10月にローンチして以来、年率約18%のリターンを上げてきた。またキャピュラは昨年、日本株のロング・ショート・ファンドをローンチしている。

12日付けのロイターによると、ゴールドマン・サックスは、傘下のゴールドマン・ピーターシル・ファンド・オフショアを通じて、キャピュラの無議決権株式を取得したという。ピーターシルの運用規模は5億ドルで、昨年7月にはロンドンのウィントン・キャピタル・マネジメントにも1割出資している。



ゴールドマン、日本人創業の英ヘッジファンドに資本参加に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする