トップ >  元ムーア・キャピタルのトレーダー、運用資産25億ドルのヘッジファンドを設立

元ムーア・キャピタルのトレーダー、運用資産25億ドルのヘッジファンドを設立

ムーア・キャピタルのベテラン・トレーダーが独立し、ロンドンで新たにヘッジファンド運用会社を設立する。運用資産は25億ドルで、おそらく今年最大規模のファンド設立の1つになるとフィナンシャル・タイムズは報じている。
ムーア・キャピタルは、著名ファンド・マネージャー、ルイス・ベーコン氏が設立したヘッジファンド運用会社で運用資産は150億ドル。ベーコン氏は、日本株のバブル崩壊とクウェート侵攻の予想を的中させたことで名声と富を手にした投資家として知られる。

運用会社を設立するのは、「ムーア・クレジット・ファンド」でトレーダーを担当するトム・レスリー氏。会社の設立時期は第2四半期を予定している。ムーア・キャピタルはレスリー氏の新会社、ジェームズ・ケアード・アセット・マネジメントに出資する予定。

新ファンド設立は、かつては投資銀行が支援するのが一般的だったが、現在は、大手ヘッジファンド運用会社が自社の従業員の独立を支援し、ファンドへの出資を行うケースが増えている。

自社の元従業員のファンドに出資することで、互いに共生関係を構築するのが、大手ファンドの狙いの1つといわれている。また、新規の小規模ファンドでは、運用資金を調達するのが困難になっていることも要因の1つとされている。

フィナンシャル・タイムズの取材によると、ムーア・キャピタルでのレスリー氏の運用は、ローリスクでありながらリターンを着実に確保するもので、低ボラティリティでありながら年平均15%以上のリターンを上げているという。



元ムーア・キャピタルのトレーダー、運用資産25億ドルのヘッジファンドを設立に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする