トップ >  07年は新興国ヘッジファンドに90億ドル流入、08年はトーンダウンか

07年は新興国ヘッジファンドに90億ドル流入、08年はトーンダウンか

2007年は、新興国投資に特化したヘッジファンドに90億ドルの資金が流入したとロイターが報じている。安定的に高いリターンを提供したことが資金を集める要因となったが、今年に入ってからリターンが大幅に悪化しており、資金流入がトーンダウンする可能性が指摘されている。
シカゴの調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)が11日に発表したデータによると、新興国投資のヘッジファンドは、2007年に90億ドルの新規資金を調達したという。ロシア、アフリカ、中東において安定したパフォーマンスを提供したことが、投資家を呼び込む要因となった。HFRのデータによると、新興国ヘッジファンド全体の2007年のリターンはプラス25.03%となっている。

新興国ヘッジファンドへの資金流入は年々拡大しており、運用資産は2002年の5倍になった。ヘッジファンド業界全体の運用資産は1.9兆ドルといわれている。そのため、新興国ヘッジファンドの資産規模自体は小さいものだが、投資家からの需要は年々高まっていた。現在、世界には950本の新興国ヘッジファンドがあるといわれている。

しかし2008年は、2007年のような資金流入はないだろうと予想する業界関係者もいると、ロイターは報じている。HFRのデータによれば、新興国ヘッジファンドの2008年1月のパフォーマンスはマイナス5.97%と、ヘッジファンド業界全体のマイナス1.8%を大きく下回った。

パフォーマンスの低下は、昨年末からすでに兆候が現れていたため、投資家からの資金流入には、すでにかげりが見えている。ロイターによれば、2007年11月の新興国ヘッジファンドへの資金流入額は218億ドルに達したが、翌12月はわずか23億ドルまで落ち込んだ。今後の相場動向によっては、さらなるトーンダウンも予想される。



07年は新興国ヘッジファンドに90億ドル流入、08年はトーンダウンかに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする