トップ >  著名投資家アイカーン氏、スティールのヘッジファンド投資家に抗議への賛同呼びかけ

著名投資家アイカーン氏、スティールのヘッジファンド投資家に抗議への賛同呼びかけ

米著名アクティビストのアイカーン氏は、スティール・パートナーズが運用する旗艦ファンドを上場することに異議を唱え、同ファンドの投資家に対して公開文書で賛同を求めている。【26日 ダウ・ジョーンズ】
アクティビストのヘッジファンド・マネージャーとして知られるカール・アイカーン(Carl Icahn)氏は、スティール・パートナーズの運用するファンド「Steel Partners II Master Fund」の投資家に対して、アイカーン氏のオフィスまで連絡するように求めている。スティール・パートナーズは、ウォーレン・リヒテンシュタイン氏などが設立したヘッジファンド運用会社。スティールが運用するヘッジファンド「Steel Partners II」は、2008年の運用成績がマイナス40%超と落ち込んでいる。15日付のウォールストリート・ジャーナルによると、ファンドの成績低迷によって、投資家からの償還請求が拡大したため、スティールは同ファンドの持分を市場で公開して、投資家には市場での売買が可能な持分を割り当てる方向で動いているという。公開文書で広く投資家に訴えた理由に関してアイカーン氏は、「スティール・パートナーズから投資家名簿の公開を断れたため」とコメントしている。アイカーン氏は一連のスティールの計画に異議を唱えており、13日には同氏が所有する米鉄道車両製造会社ACFインダストリーズを通じて、スティールを詐欺容疑で提訴した。ACFインダストリーズは「Steel Partners II」に対して、1,500万ドル投資している。なお、アイカーン氏とリヒテンシュタイン氏は、3年前には共同で韓国のタバコ会社KT&Gに経営改革を迫っていた。


Dow Jones
26 Jan 2009 20:49 GMT =
DJ Icahn Wants To Talk to Other Investors in Steel Hedge Fund



著名投資家アイカーン氏、スティールのヘッジファンド投資家に抗議への賛同呼びかけに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

世界ランキング上位の優秀ファンドで運用するなら|ヘッジファンドダイレクト株式会社

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする