トップ >  米レッグ・メイソン、傘下ヘッジファンドのパーマルが運用助言行うファンド準備

米レッグ・メイソン、傘下ヘッジファンドのパーマルが運用助言行うファンド準備

米資産運用大手レッグ・メイソンの子会社が、ヘッジファンド運用会社パーマルが投資助言を行うファンド・オブ・ファンズ(FoF)のローンチを予定していることが明らかになった。【29日 ダウ・ジョーンズ】
同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書によると、レッグ・メイソン・パートナーズ・ファンド・アドバイザー(Legg Mason Partners Fund Advisor)は、「Legg Mason Permal Tactical Allocation Fund」のローンチを予定している。このFoFは、既存の60/30/10戦略(株式60%と債券30%、現金10%の比率で投資する戦略)を上回るトータルリターンを目指すとしている。このFoFは、レッグ・メイソン傘下のヘッジファンド運用会社パーマル・アセット・マネジメント(Permal Asset Managemen)の選択に基づき、投資信託やクローズドエンド型ファンド、ETF(上場投資信託)のほか、ETN(上場投資証券:現物資産や指数などに価格が連動するリンク債に投資する金融商品)を中心に組み入れる。「Legg Mason Permal Tactical Allocation Fund」は、「Legg Mason Partners Equity Trust」シリーズのラインナップに加わる。また、ファンドの運用を補助するサブアドバイザーとして、パーマル・アセットと、レッグ・メイソン・グローバル・アセット・アロケーション(Legg Mason Global Asset Allocation)が名を連ねることになる。ファンドの運用マネージャーには、クリストファー・ツールスドーフ(Christopher Zuehlsdorff)氏と、アレクサンダー・ピラーズドルフ(Alexander Pillersdorf)氏が決定している。


Dow Jones
29 Jan 2009 17:37 GMT
DJ Legg Mason Subsidiary To Launch A Fund Of Funds



米レッグ・メイソン、傘下ヘッジファンドのパーマルが運用助言行うファンド準備に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする