トップ >  英ヘッジファンド運用会社RABキャピタル、アジア特化型ファンドを売却―収益悪化

英ヘッジファンド運用会社RABキャピタル、アジア特化型ファンドを売却―収益悪化

英ヘッジファンド運用会社RABキャピタルは2日、以前買収した傘下ファンドを創業者に売却する予定であることを明らかにした。【2日 ダウ・ジョーンズ】
RABキャピタルは、アジア市場に特化した傘下ファンド「Northwest funds」の収益性が悪化していることを理由に、同ファンドの創業者に売却する意向を明らかにした。RABキャピタルは、今回の売却を事業再編成の一環として行い、年間300-400万ポンドのコスト削減につながるとしている。RABが「Northwest funds」を買収した際、RABの株式に加えて現金520万ポンドを支払う条件となっていた。この買収は、最大で総額2,055万ポンド規模となる予定であった。RABキャピタルは、「Northwest funds」を同ファンドの創業者であるジョージ・フィリップス(George Philips)とデビッド・ロジャース(David Rogers)の両氏に100万ポンドで売却する。その際、フィリップ氏とロジャース氏は、ファンド売却時の条件だった残りのRAB株670万株(現時点で時価総額約67万ポンド)の譲渡を受ける権利は放棄するとしている。RABキャピタルによると、今回の売却が損益に与える影響はないが、税負担が減少することなどにより、年末時点のバランスシートは純資産額と純投資額が300万ポンドあまり増加する見込み。売却で得る100万ポンドは、運転資金全般に回されるという。当初フィリップス氏とロジャース氏に譲渡される予定であった株式は、今後、RABの従業員へのインセンティブとして使用される予定。「Northwest funds」は、2007年は税引き前利益が900万ポンドと好リターンを上げたが、2008年と2009年はともに赤字を計上する見込み。「Northwest funds」の帳簿価額は、2008年6月末時点では2,000万ポンドであったが、現在は今回の売却に関連する会計処理も影響し、半分以下となっている。


Dow Jones
02 Feb 2009 10:35 GMT =
DJ RAB Disposes Of Unprofitable Northwest Funds



英ヘッジファンド運用会社RABキャピタル、アジア特化型ファンドを売却―収益悪化に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする