トップ >  【ヘッジファンドクルーク】今週の注目ニュース

【ヘッジファンドクルーク】今週の注目ニュース

今週前半は、逃走中のヘッジファンド・マネージャーのネーデル氏逮捕の記事が報じられた。同氏は、運用するファンドの資産価値を偽って報告していたが、外部の会計士による監査依頼を受けて逃走を図ったようだ。
その他では、数少ない勝ち組ヘッジファンドのポールソンが、英金融株に対するショート戦略により多額の利益を確保した。一方、英議会では、複数の著名ヘッジファンド・マネージャーを議会に召還し、ヘッジファンドが金融危機に与えた影響に関して非難が集中した。週後半は、米ブラックロックのローレンス・フィンクCEOが、金融機関の財務状態が依然として厳しいことに言及し、ヘッジファンドのレバレッジは限定的となり、かつてのような高リターンを上げることは難しいとコメントした。また、KKRのヘンリー・クラビス氏は、プライベート・エクイティ・ファンドに対して、PE市場の収益機会を認めつつも、流動性の問題が解決されないかぎり、資金流入は拡大せず、厳しい状態は継続すると語った。暗いニュースが続いた1週間だったが、わずかな光明も見られた。著名ヘッジファンド・マネージャーのケネス・グリフィン氏率いるシタデル・インベストメンツが1月をプラスのリターンで終えたようだ。業界平均も概ねプラスのリターンとなっていることから、昨年の金融危機を生き残ったヘッジファンドのパフォーマンスに注目が集まっている。(ヘッジファンドクルークでは、来週以降も著名ヘッジファンドのパフォーマンスを随時お伝えする予定です。)以下は、ヘッジファンドクルークが選定した業界注目ニュース。2日
著名ヘッジファンド運用者ポールソン氏、英銀RBS株の空売りで2.7億ポンドの利益確保3日
スペインのサンタンデール銀行、メードフ事件被害者の顧客に補償金の支払いを提案4日
著名ヘッジファンド・マネージャーのソロス氏、欧州連合に結束を訴える5日
プライベート・エクイティ業界、今後一層厳しい見通し―ダボス会議6日
シタデルの旗艦ファンド、1月は4.75%のプラスリターン―7ヶ月ぶりのプラス



【ヘッジファンドクルーク】今週の注目ニュースに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする