トップ >  英資産運用会社ヘンダーソン、英ニュー・スターの買収で業界5位の規模へ

英資産運用会社ヘンダーソン、英ニュー・スターの買収で業界5位の規模へ

英資産運用会社ヘンダーソン・グループは30日、経営難に陥っている競合他社の英ニュー・スター・アセットを買収することで合意に達した。【30日 ダウ・ジョーンズ】
ヘンダーソン・グループ(Henderson Group PLC)は、同業のニュー・スター(New Star Asset Management Group)の買収を決定したと発表。買収に伴い両社が合併すると、運用資産が計595億ポンドとなり、英国の個人投資家向け資産運用会社において5番目の規模となる。ヘンダーソンは声明の中で、英国の個人投資家向け資産運用市場では金融危機の影響で大規模な業界再編成が進んでいるが、今回の買収によってシェアの拡大及び販売網の強化を実現できると話している。買収に当たりヘンダーソンはニュー・スターの普通株を1株2ペンスで2,200万ポンド相当取得するほか、優先株を7,300万ポンド相当取得する予定。またヘンダーソンはニュー・スターの債務2,000万ポンドも肩代わりする予定。ニュー・スターの創業者であるジョン・ダッフィールド会長は声明の中で、「ヘンダーソンは当社にとって最高のパートナーであり、経営難に陥っている当社の顧客及びスタッフにとっては強力なサポートとなるだろう。両社は企業風土も投資手法も似ており、合併が成功するのは確実だ」と語っている。ヘンダーソンは買収に必要とされる1.15億ポンドに関して、新株の発行で6,500万ポンド調達し、残りの5,000万ポンドは手元資金から拠出するとしている。また、すでに1株65ペンスで新株を機関投資家などに売却して4,700万ポンドを確保したと発表している。ヘンダーソンは、ダッフィールド会長が保有するニュー・スター株5.95%のほか、買収に同意した複数名の株主が保有する分を合わせて、30日時点でニュー・スター株を25%に確保しているという。ヘッジファンドなどを運用するニュー・スターは2008年後半から経営難に陥り、事業継続のために身売りも含めた経営再建策を模索していた。ヘンダーソンは、今回の買収を12月までに完了させたいとし、2010年には買収による収益拡大の効果がでると見込んでいる。


Dow Jones
30 Jan 2009 15:38 GMT =
DJ 3rd UPDATE: Henderson Ups UK Fund Mgmt Ranking With New Star



英資産運用会社ヘンダーソン、英ニュー・スターの買収で業界5位の規模へに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする