トップ >  米ヘッジファンド大手オクジフ、1月は運用資産額が増加に転じる―運用成績もプラス

米ヘッジファンド大手オクジフ、1月は運用資産額が増加に転じる―運用成績もプラス

米ヘッジファンド大手オクジフ・キャピタルは1月、主要ファンド4本の運用資産がすべてプラスに転じていたことが明らかとなった。【3日 ダウ・ジョーンズ】
米金融当局の証券取引委員会(SEC)に提出した届け出によると、オクジフ(Och-Ziff Capital Management Group)の旗艦ファンド「OZ Master Fund」は1月の運用成績が3.12%のプラスとなった。また、1月にはオクジフ全体で運用資産が2.05億ドル増加し、223億ドルとなった。オクジフは2008年において運用資産が100億ドル減少していたため、1月の運用資産が昨夏以来の増加に転じたことは、伸び幅はわずかではあるものの、資産規模の縮小に歯止めがかかった点で大きな転換期を迎えたといえる。ヘッジファンド業界は2008年に過去最悪の業績に落ち込んだが、年が明けて2009年に入ると業績は上向きをみせている。米調査会社ヘッジファンド・リサーチ(HFR)の暫定値によると、ヘッジファンドの1月のパフォーマンスはプラス1%あまりにだという。HFRは近々、ヘッジファンド業界全体の1月のパフォーマンス速報値を発表する予定。ベンチマークであるダウ工業平均株価指数は1月、約8.8%下落している。オクジフのその他の傘下ファンドにおける1月の運用成績は、「Europe Master Fund」が1.05%のプラス、「Asia Master Fund」が2.49%のプラス、「OZ Global Special Investments Master Fund」は0.84%のプラスとなった。オクジフのスポークスマンは、各ファンドにおける戦略別のパフォーマンスは非公表としている。オクジフの利益は、フォートレスやブラックストーンなど他の上場ヘッジファンド運用会社と同様に、傘下ファンドのリターンに大きく左右される。上場ヘッジファンド運用会社の主な収入源は、運用資産をベースとした管理報酬、そしてファンドのパフォーマンスに応じた成功報酬である。オクジフは2月12日に2008年第4四半期の決算を発表する予定。


Dow Jones
03 Feb 2009 14:59 GMT =
DJ UPDATE: Och-Ziff Hedge Funds, Assets Under Mgmt Up In Jan



米ヘッジファンド大手オクジフ、1月は運用資産額が増加に転じる―運用成績もプラスに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする