トップ >  米ヘッジファンドのポールソン、米化学大手に買収契約履行を促す書簡を送付

米ヘッジファンドのポールソン、米化学大手に買収契約履行を促す書簡を送付

著名ヘッジファンド・マネージャーのポールソン氏が、買収問題が紛糾している米化学大手ダウ・ケミカルに対し、書簡を送付していたことが明らかになった。【5日 ダウ・ジョーンズ】
化学業界で売上高世界第3位の米ダウ・ケミカル(Dow Chemical)は、米特殊化学大手ローム・アンド・ハースに対して1月27日までに買収を完了させるとしていたが、無理に買収計画を達成すれば、多重の債務不履行に陥る可能性があるとして、買収を棚上げしている。ポールソンは、ローム・アンド・ハース株の9%を保有しており、第2位の大株主となっている。ポールソンは、ダウ・ケミカルのアンドリュー・リバリス最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、130億ドルのつなぎ融資と40億ドルの転換優先株を使って資金を調達し、契約を履行するよう求めている。ダウ・ケミカルへの書簡では「化学業界が厳しい状況に置かれていることは理解している。しかし、貴社がローム・アンド・ハースを買収する義務を負っていることは、現在の状況とは無関係だ」と批判し、1株当たり42セントの予定だった配当を1セントにまで引き下げ、買収への資金を確保するよう求めている。1994年にヘッジファンドを立ち上げたジョン・ポールソン(John Paulson)氏は、ベア・スターンズのM&A部門に勤めていたこともあり、当初は合併アービトラージを得意としていた。ポールソンが今回の投資でのリスクをヘッジしていなければ、株価の下落によって2億ドルを超える含み損をかかえていることになる。米化学大手2社の買収問題では、合併アービトラージ戦略のヘッジファンドを運用するヨーク・キャピタル(York Capital Management)やメイソン・キャピタル(Mason Capital Management)、その他イベントドリブン戦略のヘッジファンドなどが、ローム・アンド・ハースの株式を保有し、関心を示している。


Dow Jones
05 Feb 2009 14:08 GMT =
DJ Paulson & Co Urges Dow To Cut Dividend,Close Rohm & Haas Deal



米ヘッジファンドのポールソン、米化学大手に買収契約履行を促す書簡を送付に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする