トップ >  ドバイのイスラム法準拠型ヘッジファンド・インデックス、1月はプラス1.53%

ドバイのイスラム法準拠型ヘッジファンド・インデックス、1月はプラス1.53%

ドバイ政府系ファンドが1月にローンチしたイスラム法遵守のヘッジファンド・インデックスは、同月の月次リターンがプラス1.53%と上々の滑り出しを切った。【5日 ダウ・ジョーンズ】
ドバイ政府系企業ドバイ・マルチ・コモディティーズ・センター(DMCC)と、米イスラム金融顧問会社シャリア・キャピタル(Shariah Capital)は1月、ドバイ・シャリア・ヘッジファンド・インデックス(Dubai Shariah Hedge Fund Index)をローンチした。このインデックスは、シャリア(イスラム法)を遵守したヘッジファンドのみで構成されているファンド・オブ・ヘッジファンズ(FoHF)「DSAM Kauthar Commodity Fund(DKCF)」のパフォーマンスに連動している。DKCFは、コモディティに特化したシングル・ストラテジーのヘッジファンド4本を均等に加重。4本のヘッジファンドは、シャリアを遵守したトレーディング・システム「Al Safi」のもと、いずれも株式ロング・ショート戦略で運用している。4本ともDMCCからシードマネーとしてそれぞれ5,000万ドルの出資を受けている。4本のヘッジファンドで1月に最もパフォーマンスがよかったのは、「DSAM Kauthar Gold Fund」でプラス4.42%。次が「DSAM Kauthar Energy Fund」でプラス1.61%。「DSAM Kauthar Natural Resources Fund」はプラス0.21%で、「DSAM Kauthar Global Resources & Mining Fund」は0.14%ながら唯一マイナスを記録した。4本のヘッジファンドの運用に当たっているには、ブラックロック(BlackRock.)、トクヴィル・アセット・マネジメント(Tocqueville Asset Management)、ツバイク・ディメナ・インターナショナル(Zweig-DiMenna International Managers)、そしてルーカス・キャピタル(Lucas Capital Management)の運用会社4社。シャリア・キャピタルのエリック・メイヤー(Eric Meyer)代表はダウ・ジョーンズの取材に対し、「インデックスの結果を公表することで情報の透明性を高め、イスラム系の投資家のみならず、一般の投資家も呼び込みたい」とし、「毎月公表することで、投資家が月単位で運用方針の見直しを図ることを可能とした」と語った。同インデックスは毎月、トムソン・ロイターが算出した上で公表する予定。


Dow Jones
05 Feb 2009 13:00 GMT
DJ UPDATE: Dubai Shariah Hedge Fund Index Up 1.53% In January



ドバイのイスラム法準拠型ヘッジファンド・インデックス、1月はプラス1.53%に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする