トップ >  スイスPB大手ジュリアス・ベア傘下のヘッジファンドGAM、2008年は運用資産が半減

スイスPB大手ジュリアス・ベア傘下のヘッジファンドGAM、2008年は運用資産が半減

スイスのプライベート・バンク大手ジュリアス・ベアは、傘下のヘッジファンド運用会社GAMの運用資産が2008年に50%以上減少したことを明らかにした。【6日 ダウ・ジョーンズ】
ジュリアス・ベア(Julius Baer Holding)が発表した決算報告によると、傘下のヘッジファンド運用会社GAMは、運用資産が2008年末時点で417億スイスフラン(357億ドル)と、2007年末時点の858億スイスフランから半減した。ジュリアス・ベアはGAMの運用資産が大幅に減少した要因として、ヘッジファンド業界全体の運用が悪化したほか、信用収縮によりレバレッジを当てにできなくなったこともあり、投資家のリスク回避傾向が加速し巨額の資金流出に見舞われたことを挙げている。またジュリアス・ベアは、メードフ巨額詐欺事件が運用業界に与える影響に関して、短期的には著しい悪影響だとしながらも、長期的にはいかがわしい運用会社を淘汰するという作用があるはずだとの見解を示した。合わせてジュリアス・ベアは、GAMにおける資金の流出が2009年第1四半期においても止まらないとの見通しを示した。同社資産運用部門の責任者であるデビッド・ソロ氏は記者会見の席で「年末までに一定の歯止めがかかってくれればよかったのだが」と述べた。ソロ氏は、傘下の米投資信託運用会社アルティオについて、2009年中に上場させたいとの意向を示したが、IPO(新規株式公開)の時期については、市場環境の回復次第だと答えた。


Dow Jones
06 Feb 2009 09:19 GMT
DJ UPDATE: Julius Baer's Solo Expects Further Redemptions In 1Q



スイスPB大手ジュリアス・ベア傘下のヘッジファンドGAM、2008年は運用資産が半減に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする