トップ >  米調査会社ヘネシーのヘッジファンド・インデックス、1月は2ヶ月連続となるプラス・リターン

米調査会社ヘネシーのヘッジファンド・インデックス、1月は2ヶ月連続となるプラス・リターン

米調査会社ヘネシーが発表した1月のヘッジファンド・インデックスは、2ヶ月連続でプラス・リターンを記録し、ヘッジファンド業界の復調を裏付ける結果となった。【9日 ダウ・ジョーンズ】
ヘネシー・グループ(Hennessee Group)が発表した1月のヘッジファンド・インデックスはプラス1.1%で、ベンチマークであるダウ平均を始めとする米3大主要株価指数のマイナス6-9%を大きく上回った。同月に戦略別で最も大きな上げ幅を示したのはアービトラージ戦略で、「Arbitrage/Event Driven」インデックスはプラス2.36%となった。ショート・バイアス戦略をとるヘッジファンドが企業収益の悪化を予想し、大幅なリターンを上げた。1月に収益予想を達成した企業は全体の55%に過ぎず、2001年以来の低水準となった。株式ロング・ショート戦略はプラス0.90%となっている。また、ハイイールド債のインデックスのスプレッドがタイト化していることなどから、ディストレスト証券投資の「Distressed」インデックスはプラス1.30%となった。ヘネシーの共同創立者、チャールズ・グラダンテ(Charles Gradante)氏は、中国経済が外需主導から内需主導に変わりつつある中で同国の失業率が過去最高の水準に急上昇していることに懸念を示している。グラダンテ氏は「中国は、雇用創出と米国産品に対する購買力の強化を目的として、ドル売り元買いを行うことで自国通貨を強めるものと思われる。中国は米国の商品をより多く消費する必要があると中国側は認識している」と付け加えた。ヘネシーのリー・ヘネシー代表は、1月はヘッジファンド業界全体で65億ドルの資金流入がみられたと語った。またヘネシー代表は、今後も資金流入が継続すれば、株式市場も強気相場に転じる可能性があるとつけ加えた。金融危機の影響で投資家が手持ちの資産を現金に変える動きが拡大し、また一部ヘッジファンドにおいては、当局により空売りを暫定的に禁止する措置が導入されるなど予期せぬ事態に遭遇した。


Dow Jones
09 Feb 2009 15:20 GMT =
DJ Hennessee Hedge Fund Index Rose 1.1% For January



米調査会社ヘネシーのヘッジファンド・インデックス、1月は2ヶ月連続となるプラス・リターンに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする