トップ >  香港ヘッジファンド業界、解約の影響で資産総額の半分相当が流出する恐れ

香港ヘッジファンド業界、解約の影響で資産総額の半分相当が流出する恐れ

香港のヘッジファンド業界は、資産額の半分近くが流出する可能性があると現地メディアが報じている。【16日 ダウ・ジョーンズ】
これは香港の英字新聞南華早報(South China Morning Post)が16日に報じたもので、香港籍ヘッジファンドの解約請求額は、運用成績の悪化に失望した投資家の解約により最大で約170億ドルに達する可能性があるという。2008年のヘッジファンドの資金動向を見ると、世界全体が18%の流出超だったのに対し、香港籍のファンドを中心としたアジア太平洋地域投資ヘッジファンドは、33.4%の流出超となった。これは米調査会社ヘッジファンド・リサーチの情報を元に同紙が報じたもの。専門家は、多くのヘッジファンドが資金の返還を準備しているとし、平均的な資金流出率は運用資産額の25-50%程度だろうと予測している専門家によると、香港のヘッジファンドでは解約の機会を年に4回設けているのが通例で、期日の45日前までに解約を申し込まなければならない「45日ルール」が適用されているため、最も早い期日である3月31日の解約を求める投資家は、2月15日までに解約を申請する必要があった。香港のヘッジファンド業界は総額で335億ドルの資産を保有していると見られている。


Dow Jones
16 Feb 2009 03:13 GMT
DJ Hong Kong Hedge Funds Could See Redemptions Of $17B -Report



香港ヘッジファンド業界、解約の影響で資産総額の半分相当が流出する恐れに関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする