トップ >  米著名投資家ピケンズ氏のヘッジファンド、エネルギー銘柄の大半を売却

米著名投資家ピケンズ氏のヘッジファンド、エネルギー銘柄の大半を売却

米著名投資家T・ブーン・ピケンズ氏が率いるヘッジファンド、BPキャピタル・マネジメントが、エネルギー銘柄の大半を売却していたことが分かった。【18日 ダウ・ジョーンズ】
これは、BPキャピタル(BP Capital Management)が17日に米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書の中で明らかにしたもの。それによると、BPキャピタルは、9月末時点で、26のエネルギー銘柄を保有していたが、12月末時点では9銘柄に減少している。エネルギー銘柄の売却と、エネルギー銘柄の市場価値の下落で、BPキャピタルの株式ポートフォリオの価値は9月末の13億ドルから、12月末にはわずか4,000万ドルと、3分の1以下にまで急減している。ピケンズ(T. Boone Pickens)氏は昨年7月、原油価格は1バレル当たり100ドルを下回ることはないと予想していた。現在、原油価格は約40ドルにまで低下しているものの、今年末までには75ドルまで値を戻すと述べている。SECへの報告書の中でピケンズ氏は、19銘柄を売却し、7銘柄の保有株式数を削減、2銘柄を新たに取得したとしている。売却した銘柄には、米石油開発関連サービス提供大手のハリバートン(Halliburton)やバレロ・エナジー(Valero Energy)があり、それぞれ、240万株と150万株を売却している。また、第4四半期中には、ピケンズ氏が自ら1997年に創業した天然ガス会社クリーン・エナジー・フュエルズ(Clean Energy Fuels)の株式も39万6,464株売却したとしている。


Dow Jones
18 Feb 2009 18:46 GMT
DJ Pickens' BP Capital Divests Holdings In Energy Stocks



米著名投資家ピケンズ氏のヘッジファンド、エネルギー銘柄の大半を売却に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする