トップ >  米大手ヘッジファンドのD.E.ショウ、住宅建設プロジェクト買収で訴訟問題に直面

米大手ヘッジファンドのD.E.ショウ、住宅建設プロジェクト買収で訴訟問題に直面

米大手ヘッジファンド運用会社D.E.ショウは、不動産デベロッパーとの間で住宅建設プロジェクト買収計画を進めているが、同計画は大きな問題に直面している。【20日 ダウ・ジョーンズ】
現在は経営再建中のサンカル(SunCal)は、カリフォルニア州全域にわたる住宅開発プロジェット「ウエスト・コースト」を展開していた。これに開発資金を提供していた米大手証券会社リーマン・ブラザーズ(Lehman Bros. Holdings)とサンカルとの裁判が、D.E.ショウ(D.E. Shaw)の取引にも影響を与えかねない情勢となっている。D.E.ショウ(運用資産規模300億ドル)は、すでにサンカルとの間で、総額2億ドルで12件の住宅建設プロジェクトを買い取ることで合意している。プロジェクト本体に対し1.75億ドルの現金を支払い、サンカルの債務2,500万ドルも併せて承継するという。だが、D.E.ショウの買い取り金額が、競売で売却される場合の想定金額を下回っており、裁判で問題となっている。リーマンは、サンカルの多くの開発事業に計23億ドルを投資していたため、サンカルに対し有担保債権者となっている。このため、リーマンがサンカルの住宅建設プロジェクトの処分に対し、いわゆる「クレジット・ビッド」が行使できるか否かが争われている。米国の破産法では、クレジット・ビッドについて、正当な抵当権を設定している有担保債権者には、破産会社の資産が競売にかけられた場合、債権額の同等か、それ以下の金額で落札されないよう保護されると規定している。サンカルは、リーマンがクレジット・ビッドを行使しないよう破産裁判所に訴えている。リーマンは、住宅開発プロジェクトに対する支配権を獲得した上で、1.5億ドルを騙し取ろうとした、というのがサンカル側の主張だ。D.E.ショウとサンカルとは数年前から取引関係があり、D.E.ショウはサンカルが進める約19の住宅開発プロジェクトに投資している。サンカルの住宅建設プロジェクトは、カリフォルニア州全域にわたり、合計で7,500戸以上の住宅の建設が予定されていた。


Dow Jones
20 Feb 2009 19:33 GMT
DJ SunCal Seeks To Sell Developments To DE Shaw For $200M



米大手ヘッジファンドのD.E.ショウ、住宅建設プロジェクト買収で訴訟問題に直面に関連する記事

2009年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする