トップ >  ヘッジファンドが天然ガス取引で巨額損失、アマランスの二の舞か

ヘッジファンドが天然ガス取引で巨額損失、アマランスの二の舞か

ヘッジファンドのサラセン・エナジー・パートナーズは、2006年天然ガス取引で巨額の損失を計上し破綻したアマランスの二の舞にはならないと否定した。
ヒューストンに拠点を置く同社は2月15日、天然ガスの限月間スプレッド取引において約4億ドルもの損失が出ていることを認めた。サラセンが公表したレポートによると、2009年3月、4月の取引において巨額の損失を計上し、損失額は7〜8億ドルに拡大する可能性があるとした。サラセンは「経営破綻の危機に陥ったわけではない。ファンドの運用に十分な流動性は、確保できている」と述べた。同社は、天然ガス先物取引において2009年3月限のショート・ポジションと4月限のロング・ポジションを保有していたが、先週ニューヨーク商品取引所での当該月スプレッドが50%以上拡大した。サラセンは、スプレッドが急激に拡大したことにより、いくつかのポジション清算を迫られていた。



ヘッジファンドが天然ガス取引で巨額損失、アマランスの二の舞かに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする