トップ >  明暗分かれたヘッジファンドのパフォーマンス

明暗分かれたヘッジファンドのパフォーマンス

ヘッジファンドは先月、市場の混乱をなんとか乗り切ったようだが、ヘッジファンド以外の金融商品にとっては、厳しい1年のスタートになった。
ヘッジファンド業界全体のパフォーマンスを示す、クレディスイス・トレモント・ヘッジファンド・インデックは先月1.48%のマイナス。昨年の寵児だった新興市場ヘッジファンドは大打撃を受けた。しかし、株式ロング/ショート戦略のヘッジファンドの下落は際立った。前者はマイナス2.67%、後者はマイナス4.05%だった。また、イベントドリブン・ヘッジファンドも2.44%のマイナス、その中でも特に痛手を負ったのは、イベントドリブン・マルチストラテジー・ファンドで、2.94%のマイナスを記録した。マルチストラテジー・ファンド、転換社債アービトラージ・ファンドのリターンもそれぞれ1.81%、0.53%のマナイスとなった。しかし、クレディスイス・インデックス社のオリバー・シュップ社長は、明るい兆しが見える、と指摘した。「1月は10本ある戦略別ヘッジファンド・インデックスのうち5本でプラスのリターンが観測された。」プラス・リターンを記録した戦略は、ショート・バイアス戦略の5.68%を筆頭に、グローバルマクロ4.44%、株式マーケット・ニュートラル0.69%、債券アービトラージ0.28%だった。



明暗分かれたヘッジファンドのパフォーマンスに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする