トップ >  米ヘッジファンドのランサー、詐欺容疑で起訴

米ヘッジファンドのランサー、詐欺容疑で起訴

ロイター通信によると、ランサー・グループの元ヘッジファンド・マネジャーが投資家から2億ドルあまりを詐取した容疑に対し米司法省が2月19日発表を行い、事件に関わった5人を共謀と有線通信不正行為の容疑で起訴すること明らかにしたと報じた。
主犯はランサーグループの元ヘッジファンド・マネジャー、マイケル・ラウアー被告。ラウアー被告は、ヘッジファンドを監視する管理会社の共同経営者2名と、投資先のペーパーカンパニーの2名と共に違法行為を働いた疑い。1999年10月から2003年7月の間、出来高の少ないペーパーカンパニー株価を操作し、ヘッジファンドの基準価額を不正に高めていた。さらに起訴状によれば、ラウアー被告は虚偽のポートフォリオを組成し、ランサー・グループが保有していたとされる株式を組み込むことで、グループのヘッジファンドの評価を不正に吊り上げていたとされる。今回の事件は米連邦捜査局(FBI)が捜査しており、有罪が下されれば5名の被告人はそれぞれ有線通信不正行為の罪で最大禁固20年、罰金25万ドル、共謀の罪で最大禁固5年、罰金25万ドルが科される可能性がある。また、起訴状では今回の犯行で得た利益も追求の対象となっている。



米ヘッジファンドのランサー、詐欺容疑で起訴に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする