トップ >  ヘッジファンドがサブプライム問題に潰されない理由

ヘッジファンドがサブプライム問題に潰されない理由

世界中の金融機関がサブプライム問題に巻き込まれており、ヘッジファンドもその例外ではない。だが、ヘッジファンド業界が金融危機に直面したのは今回が初めてではない。
ロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)が1998年9月に衝撃的な破綻を遂げ、ヘッジファンドに資金を貸していた人間はパニックに陥り、LTCMから資金が引き上げただけではなく、ヘッジファンド全体に対する貸し渋りが起きた。委託保証金も大幅に引き上げられた。結果として市場は急落し巨大な損失が残った。サブプライム問題の影響はどうだろうか。まず、市場が硬直化したことでこの1年間に銀行の資金調達コストは大幅に上昇。さらに、ヘッジファンドの運用成績も一様に良かったとは言えず、大型ファンドの破綻も起きた。しかし、ほとんどのプライムブローカーや銀行は、大抵ヘッジファンドに対して委託手数料の値上げをしていない。一見奇妙なこの現象に関して、22日付けの英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙は、3つの理由を挙げた。第1は、発達したヘッジファンド業界が持つ影響力である。今やヘッジファンドが運用する資産額は約1兆9,000億ドルに達し、投資銀行の利益に対し、最も貢献している殻である。さらに、トップクラスの規模を誇るヘッジファンドは、銀行に対し委託手数料を低い水準で据え置くようプレッシャーをかけている。第2には、1998年当時に比べプライムブローカーが遥かに知恵をつけ、ヘッジファンドへの貸し出しによって負っているリスクを正確に分析するようになったということだ。最後に3番目のポイントとしてヘッジファンド業界自体の変化が挙げられる。LTCMのような債券アービトラージ専門ファンドが20倍以上のレバレッジをかけていた1998年とは異なり、現在一般的な借り入れの規模ははるかに小さくなっている。そのため銀行は引き締めを行う必要がさほどないのだ。しかし、ヘッジファンド・マネジャーの多くは、銀行側が強硬路線を取るのではないかと覚悟している。このため、ファンドマネジャーは、委託手数料の据え置きを要求する一方、バックアップのプライム・ブローカーを用意している。英国のヘッジファンド関係者は、既に銀行が手数料値上げに踏み切ったことを確認し、「資金の流動性が無くなれば、より厳しい条件での契約が要求されることを心得ておくべきだ」としている。



ヘッジファンドがサブプライム問題に潰されない理由に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする