トップ >  欧州の投資銀行業務、最悪のスタート−5年ぶりの低迷

欧州の投資銀行業務、最悪のスタート−5年ぶりの低迷

欧州の投資銀行は2003年以来最悪の年明けとなった。M&A、債券、株式引受業務が大きく落ち込み、ヘッジファンドのリターンは軟調で、今後10ヶ月回復する希望が持てないと米ファイナンシャル・ニュース(オンライン版)は報じた。
年明け以来、欧州の投資銀行の利益は、前年比で半分以上落ち込み20億7,000万ドルとなった。米国の調査会社ヘッジファンド・リサーチのファンド・ウェイティッド・コンポジット・インデックスによると、ヘッジファンドの1月のパフォーマンスが1989年以来最悪を記録し、2.26%のマイナスとなった。ヘッジファンド業界で最大の運用資産を誇る株式ロング/ショート・ファンドは、1月に4.3%のマイナスとなった。アジアの新興国市場株式に投資を行うヘッジファンドは、7.73%のマイナス。GLGパートナーズの会長兼共同CEOのノーム・ゴッツマン氏は「市場は狂っていた」と述べた。今週、ベア・スターンズ、ゴールドマン・サックス、リーマン・ブラザーズ、モルガン・スタンレーは、第1会計四半期を迎える。アナリスト予想が全セクターにおいて10年間で最悪になる可能性がある。ベア・スターンズは、昨年2本のヘッジファンドを閉鎖。ゴールドマンの旗艦ファンド「グローバル・アルファ」は、約40%のマイナスとなった。ゴールドマン・サックスをフォローしているアナリストはこの3週間で、コンセンサス予想の第1四半期の業績予想を38%下方修正した。アナリストはゴールドマン・サックスの収益が50.2%下落すると予測。ベア・スターンズは53.7%、リーマン・ブラザーズは31.1%、モルガン・スタンレーは48.3%のマイナスだとした。



欧州の投資銀行業務、最悪のスタート−5年ぶりの低迷に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする