トップ >  問題はヘッジファンドの透明性、英国の年金基金が投資検討

問題はヘッジファンドの透明性、英国の年金基金が投資検討

英国で最大規模の公的年金基金であるロイヤル・ダッチ・シェル年金基金は、英国の歳入税関庁がヘッジファンドへの税制不安を軽減させたことを機に、ヘッジファンドへの投資を検討している。
英歳入税関庁のスポークスマンは「公的年金基金に対する課税措置は、ヘッジファンドの組織や、税務上の透明性次第だ。透明性の高いヘッジファンドに投資を行った場合、年金基金は売買利益を得ると考えられ、課税対象になるだろう。一方、不透明だった場合は、投資利益になりおそらく非課税となる」と説明した。一般的に公的年金基金は、投資から得た収益に対する課税が免除されている。しかし、何らかの売買取引(トレーディング)から収益を得た場合は、課税の対象になる。同年金基金投資委員会の新会長であるルパート・コックス氏は「ヘッジファンドへの投資に対する説明が得られたのは、ようやく最近になってからだ。役員会は、ポートフォリオ分散の一部としてヘッジファンドへ小規模な投資を行うかどうかを検討する予定だ」と先月開かれた委員会で語った。ヘッジファンドの高額な手数料や透明性に問題があるため、英国の年金基金がヘッジファンドに資金を投資することは稀なことである。投資顧問会社マーサーの調べでは、昨年ヘッジファンドへの投資を行った年金基金は493のうち31のみだった。



問題はヘッジファンドの透明性、英国の年金基金が投資検討に関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする