トップ >  英ヘッジファンド、1月は最悪の結果に

英ヘッジファンド、1月は最悪の結果に

英国に拠点を置くヘッジファンド、リッチモンド・キャピタルは、今年に入り運用成績が急激に悪化。パフォーマンスを通知された投資家によれば、1月だけで運用資産の約半分を失った。
今年1月はヘッジファンドにとってここ数年で最悪の1ヶ月だった。調査会社ヘッジ・ファンド・リサーチによれば、ヘッジファンドは平均1.8%のマイナスを記録だった。中でも、株式や債券価格上昇に数年間投資を行い、リターンを増幅させるために多額の資金を借り入れたファンドは、後になって借入金やレバレッジのコスト高騰に見舞われた。投資家の解約が相次いだファンドも幾つかあり、運用会社の幾つかは大型ファンドの閉鎖を余儀なくされた。スイスのプライベートバンクSYZ&COのデータや、リッチモンドの運用成績の詳細を知り得た投資家の話によれば、リッチモンドは今年1月に50%超の損失。2007年のリターンは横ばい、2006年と2005年はそれぞれ約24%、18%だった。リッチモンドは、株式ロング/ショート戦略を用いて集中的な株式投資を行っていたことで知られている。株式ロング/ショートファンドのマネジャーは、不安定な市場で苦しむことが多く、株式市場ほどの下げはなかったが、今年1月はマイナス4%以上の苦しい展開となった。リッチモンドは2004年に41歳のベキス氏が設立。同氏はモルガン・グレンフェルのマネジャーだったジョン・アーミテージ氏が創設した、伝統あるエジャートン・キャピタルに勤務していた。



英ヘッジファンド、1月は最悪の結果にに関連する記事

2008年02月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする