トップ >  ブラックストーン、新不動産ファンドで過去最大の資金調達

ブラックストーン、新不動産ファンドで過去最大の資金調達

米大手資産運用会社のブラックストーン・グループは1日、新たな不動産ファンド「リアル・エステート・パートナーズVI」が過去最高の109億ドルの資金を調達し募集を打ち切ったことを明らかにした。
新ファンドはブラックスストーンにとって9本目の不動産ファンド。運用開始時期と戦略に関する詳細は明らかにされていないが、同社のスポークスマンによれば、地理的な制約は設定されていないとのこと。最近ブラックストーンの不動産部門は、アジアに幾つかの事務所を設けた。同部門の共同責任者ジョナサン・グレイ氏は声明で「今日の市場崩壊により、当ファンドには魅力的な投資機会が存在すると確信している」と述べている。ブラックストーンに近い情報筋によると、同社はある程度長い時間を要する可能性を認めながらも、大規模なファンド資金の投資先として上昇が見込まれる資産を探し出し、投資することができると自信を示している。



ブラックストーン、新不動産ファンドで過去最大の資金調達に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする