トップ >  ヘッジファンド、第1四半期のパフォーマンスは6年ぶりの低水準

ヘッジファンド、第1四半期のパフォーマンスは6年ぶりの低水準

ヘッジファンド・リサーチ社によると、2008年第1四半期のヘッジファンドのパフォーマンスは6年ぶりとなる低水準であった、と4月1日付のブルームバーグは報じている。HFRX・グローバル・ヘッジファンド・インデックスによれば、年初来マイナス2.83%であった。今回の結果は、2002年のマイナス3.85%以来の大きな下げ幅となる。
今年に入り市場が下落する中、数多くのヘッジファンドが閉鎖や解約停止の追い込まれている。運用会社イベラのポール・ロス最高経営責任者(CEO)は「第1四半期は、ヘッジファンドのいかなる戦略においても思うようなリターンをあげられない非常に厳しい環境とだった」と述べた。サブプライム・ローン問題が表面化した後、米連邦準備制度理事会(FRB)が市場の信頼を回復するために講じた対策により、市場は一時的な反発を見せた。突発的な反発により、市場環境の悪化時にリターンをあげるショートバイアス戦略のヘッジファンドでさえ損失を出す結果となった。「たとえ相場に対する悪化の見通しが正しかったとしても、不安定で急激な反発が起こる市場において、ヘッジファンドがリターンをあげることはかなり難しい。」とロス氏は述べている。



ヘッジファンド、第1四半期のパフォーマンスは6年ぶりの低水準に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする