トップ >  アフリカに特化したヘッジファンドがローンチ

アフリカに特化したヘッジファンドがローンチ

元UBSの取締役ツツ・アギア氏が創業したヌバック・インベストメントは、投資対象をアフリカに絞ったヘッジファンドをローンチした。同氏は2億ドル以上の資金調達を見込んでいる。
アギア氏によると、同ファンドがローンチされた目的は、収益を獲得することと同様に収益の一部を慈善団体に寄付すること。慈善団体への寄付を通じてアフリカにおける経営者の管理スキル向上に貢献する。最近アフリカを投資対象としたヘッジファンドは、新興国としての魅力とコモディティの需要増加によるアフリカ経済の拡大から人気を集めている。しかし、標準的な運用資産額は1億ドルと小規模となっている。同氏は新たにローンチするファンドに関して「新ファンドは、株式ロング・オンリーロング戦略に焦点を当て、ディープ・バリュー・アプローチ行う」と述べている。ヘッジファンドは、アフリカを新たな投資フロンティアとして進出し始めている。しかし、アフリカ大陸の多くの国では空売りが禁止または制限されているため、ヘッジファンドは、ロング・オンリー戦略か不完全なヘッジを強いられることになる。



アフリカに特化したヘッジファンドがローンチに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする