トップ >  香港マルコ・ポーロ、2本目の中国ヘッジファンドをローンチ

香港マルコ・ポーロ、2本目の中国ヘッジファンドをローンチ

香港に拠点を置くマルコ・ポーロ・ピュア・アセット・マネジメントは、2本目の中国専門ヘッジファンド「マルコ・ポーロ・ピュア・パン・チャイナ・マスターファンド」をローンチさせた。
同ファンドは、株式ロング/ショート戦略を使用し、運用資産額の20%(変更可)を中国A株に投資。その他にも香港H株や海外で上場されている中国関連証券への投資も行う見込み。同社は5月1日から運用資産を更に2,000万ドルを追加し、6月1日までには運用資産額を5,000万ドルにすることを目指す。同社には、運用資産額1億7,000万ドル(2月末時点)を誇る旗艦ファンド「マルコ・ポーロ・ピュア・チャイナ・ファンド」があり、投資対象を中国A株のみに限定している。同ファンドは、2004年9月に運用開始され、最初の2年間はマイナスのリターンが続いたが、2006年にはプラス105%、昨年はプラス133%のリターンを記録した。マルコ・ポーロ最高責任者のアーロン・ボースキー氏は「新ファンドの戦略は、中国A株市場に対する通常のリサーチで得られたアイディアを利用する。更に、上海市場のリサーチから得られた情報を海外で上場されている中国関連証券の投資判断材料とする点に強みがある」と語っている。



香港マルコ・ポーロ、2本目の中国ヘッジファンドをローンチに関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする