トップ >  ジョージ・ソロス氏、更なる金融危機を予見

ジョージ・ソロス氏、更なる金融危機を予見

米著名投資家、ジョージ・ソロス氏は2日、ブルームバーグとのインタビューにおいて、現在の金融危機は大恐慌以来最悪で、市場は若干持ち直しているものの再び下落に転じるだろうとの見通しを示した。
今年に入ってユーロは対ドルで7.5%、円は9.1%、それぞれ上昇しているが、ユーロ、円、以外の通貨も引き続きドルに対して上昇するだろう、とソロス氏は述べている。米連邦準備制度理事会(FRB)は今年に入って2%利下げし、現在のFFレートは2.25%だが、ドル安を考慮すると追加利下げは難しいとソロス氏は考えている。今後、危機的状況の引き金となる可能性があるのはクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)であるとソロス氏は指摘している。現在、CDS市場は規制されておらず、貸付債券がデフォルトした場合、オプションの売り手が権利行使に応じられるかどうかは不透明である。2007年、ソロス氏が運営するクウォンタムファンド(運用資産額170億ドル)は中国とインド株への投資で32%のリターンをあげた。今年に入ってクウォンタムは、ドル、10年物米国債、そして米国や欧州の株価下落を予想する一方、中国やインドの株価、そしてドル以外の通貨が上昇すると予測していた。同氏は、米国経済がリセッションに向かっているため、一時的な市場回復は6週間から3ヶ月程度しか続かないとの見通しを示している。



ジョージ・ソロス氏、更なる金融危機を予見に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする