トップ >  英プレクサス、旗艦ファンドのパフォーマンス大幅下落

英プレクサス、旗艦ファンドのパフォーマンス大幅下落

英プレクサス・パートナーズの旗艦ファンド(運用資産額14億ドル)が今年に入り、運用資産額の約1/3を失ったことを英フィナンシャル・タイムズ紙(オンライン版)が報じた。
元ゴールドマン・サックスのトレーダー、ダーモット・キーン氏が運営するプレクサスは、コーポレート・クレジットを原資産とするベーシス取引を行っていたが、クレジット市場における予想外の値動から、スプレッドが拡大し35%近い損失を計上した。ある情報筋によると、プレクサスはファンドを安定させ、銀行からの貸し剥がしをさけるため、同社の主力戦略が保有していた数億ドル分の転換社債のポジションを売却した。今回の損失を受けてプレクサスは、投資家とスタッフの流出阻止という長期的な問題に直面している。同社が成功報酬を支払うためには50%以上のリターンが必要になる。しかし、プレクサスの投資家の大部分は、解約を行わない意思を示している。同ファンドの状況を良く知る関係者は「段階的縮小状態というよりも存続状態である」と同ファンドを評した。



英プレクサス、旗艦ファンドのパフォーマンス大幅下落に関連する記事

2008年04月の記事一覧です。

年月別ヘッジファンド情報

ヘッジファンドに投資するならヘッジファンドダイレクト株式会社

HF報酬ランキング テッパー氏が2年連続3度目

デビッド・テッパー

ヘッジファンドマネージャーの2013年の報酬ランキングが発表され、1位はアパルーサ・マネジメントのデビッド・テッパー氏となった。報酬額・・・

ノーベル財団の資産運用は株からヘッジファンドへ

大村智

ノーベル賞賞金の出所であるノーベル財団の資産運用が2013年に引き続き2014年も15.8%と好調である。ヘッジファンド比率を大幅に増…

HSBC脱税ほう助は、ただの香港経由スイス移し?

英の富裕層向け金融大手HSBC

英金融大手HSBCが富裕層顧客の巨額の脱税をほう助していた情報がICIJの調査によって明らかにされた。スイス部門が200か国以上…

高岡壮一郎(ヘッジファンドダイレクト代表)著「富裕層のNo.1投資戦略」|総合法令出版

RSS情報 RSS feed


フォローする Twitterでフォローする